気になる彼から返事が来ない!既読スルーされてしまう……!
そんな悲しい事態になったとき、もしかして自分に原因があるんじゃないか、と疑ってみることってありますよね。

男性の既読スルーは、もしかしたらこちらに非があるかもしれません。
では、どんなLINEだと男性は既読スルーしたくなるのでしょうか?

(1)夜中にLINEする

『寝ちゃったら絶対起きないから無理』(27歳/会社員)

そもそも彼が寝ている時間にLINEを送っていては、返事がくることはありません。
たとえ通知音で起きたとしても、よほどの急用でない限りは無視されてしまうでしょう。
人の眠気には勝てません

また、夜中のLINEは翌朝に確認することが多いでしょう。
朝は一日の中でも特に忙しい時間帯。
既読するのがやっとで、返事をしている暇はないと考えるのが妥当です。

(2)LINEに返事する必要性を感じない

『そんなに暇じゃないから、要件だけ伝えてほしい』(33歳/会社経営)

「おーい」や「やっほー」といった呼びかけの言葉をLINEで送っても、要件がなければ無視する、という男性も少なくありません。
LINEはコミュニケーションツールというより、連絡手段、と考えている人も多いからです。

呼びかけの言葉そのものには意味はありませんよね?
既読スルーされないようにするには、「次のデートどうする?」といった明確な要件を伝えると良いかも。
もし要件がないなら、「要件はないけど、なんとなく話したくてLINEしたよ」と伝えると返事が来やすくなります。

(3)LINEの画面がうまるほどスタンプを連打している

『子どもには付き合ってられないかな……』(30歳/公務員)

LINEには可愛いスタンプがいっぱいありますよね。
でも、スタンプを連打したり、相手の言葉にすべてLINEで答えていたりすると、相手は自分をないがしろにされている気持ちになります。

可愛いスタンプを使いたくても、彼の言葉には自分の言葉で返しましょう
スタンプは会話のはじめや終わり、LINEのやり取りの中で少し間が空いたときなど、使う場面を限定して押すのが賢いやりかたですよ。

(4)話題に興味が持てない

『へぇ~。で終わるよね(笑)』(25歳/営業)

「今日友達とパンケーキ食べに行った!」というLINEとともに、パンケーキの写真……。
よくある自分の近況報告です。
でも、彼は果たしてあなたの友達やパンケーキに対して興味があるでしょうか?

彼女のやっていることに興味があったとしても、頻繁に近況報告されていては「見て理解するだけ」で彼は満足してしまうのです。
近況報告は、LINE以外のSNSでするのがオススメ


なかなかLINEの返事をくれない背景には、あなたの行動が原因になっている場合もあるのです。
彼が返事をしたくなるようなLINEをするようにしたいですね。