究極の愛の形ともいえるセックス。
しかし、ただ行為を行っただけでは本当に愛があるとはいえません。
今回は、男性が考える愛のあるセックスの特徴を4つ紹介していきます。

(1)セックスをする前に2人でお風呂

『体を見た瞬間からヤることしか考えられなくなってしまう……』(26歳/公務員)

一緒にお風呂に入ることを好む男性は多いです。
お風呂で体をじっくり見られるのは「自分だけの特権で嬉しい」「純粋に興奮する」といった声が寄せられています。

それがセックスの前ともなれば、尚のこと興奮は高まるでしょう。
セックスの前は別々にお風呂に入っているという人は、一緒にお風呂に入るとさらにムードを高めることができるかもしれませんね。

(2)フェラをしてくれる

『してくれるその健気な姿にノックアウト!』(29歳/銀行)

フェラをしてくれない女性は意外と多いようです。
一緒にいる年数が長ければ長いほど「面倒くさい」「わざわざやらなくても」という考えが芽生えてしまうそうです。

そのため、フェラをしてくれることに愛情を感じる男性も少なくありません
たまには自分から男性の欲求に歩み寄ってあげるのも、1つの愛の形なのかもしれませんね。

(3)好きな人とすれば愛のあるセックス

『飽きないように適度に刺激を与えるのは大切だよね』(32歳/美容師)

プレイ内容がごく当たり前でも、相手に対する気持ちが大きければ自然と愛のあるセックスになるという考えを持っている男性も多くいます。
この場合は、特別なことをせずともセックスをするだけで相手に幸福感を与えることができるので、言うならば愛の原点ともいえる感情かもしれません。

しかし、この感情は無情にも時間が経過する度に薄れていく可能性があります。
当たり前と感じてしまえば、マンネリを回避することは難しくなってしまうかもしれません。
そうならないうちに、お風呂やフェラなどの愛情表現で対策を取るよう心がけましょう。

(4)セックスのあともイチャイチャ

『ピロートークができるのは愛のある証』(30歳/企画)

行為が終わったあともお互いの関係を確かめ合うのは、まさに愛のある証拠。
手を繋いだり会話でスキンシップを取ったり、セックス後にイチャイチャする時間は信頼関係を深める上でとても大切な行為といえます。

そのため、セックスが終わったからといってすぐに寝たりすぐにスマホを触りだすと、相手の気持ちも冷ましてしまうかもしれません。
終わった後の時間も上手に使って、大好きな彼に愛情を伝えましょう。


愛情を伝えるというのは、難しいイメージが付きまといますよね。
しかし、本当に相手のことを思いやればできることは意外にもたくさんあります。
まずはあなた自身ができることから始めて、彼に精一杯の愛情を伝えていきましょう。

(恋愛jp編集部)