トレンチコートは「大人の女性」という印象なので、カッコよく着こなしたいですね。
通勤スーツの上から着るだけでなく、オフでもトレンチコートを素敵に着こなしたいものです。
トレンチコートの着こなし方4選をご紹介します。

(1)ジーンズにトレンチコート

『カジュアルなのに女っぽい最高の組み合わせ』(26歳/公務員)

トレンチコートはジーンズに合わせてカッコよく着ることもできます
ジーンズはカジュアルの代表的なアイテムですが、トレンチコートとコーディネイトするときは、小物を格上げすることをおすすめします。

たとえばカジュアルなバッグをやめてブランドバッグを持てば、雰囲気がガラッと変わります。
ジーンズをオシャレなアイテムとして履きたいときに、トレンチコートとコーディネイトしてはいかがでしょうか。

(2)カジュアルに着るならパーカーと合わせる

『カチッとなりがちなトレンチの雰囲気が柔らかくなって良いですね!』(29歳/窓口)

寒くなってきたら、トレンチコートの下にも着込みたくなりますよね。
トレンチコートの下にパーカーを着れば、ぐっとカジュアルな着こなしになります。
ボタンは開けたままで着ましょう。

パーカーは子供っぽくなりがちなアイテムですが、トレンチコートを着ることで大人っぽく着ることができます。
スニーカーでなくヒールの靴を合わせたら、より大人の雰囲気に。
カジュアルとエレガントをミックスしたスタイルで、秋のお出かけを楽しみましょう。

(3)正統派の結び方「シンプルノット」

『THEトレンチコート!!』(34歳/銀行)

トレンチコートはベルトの結び方でも表情がガラッと変わります
基本的なのは前でベルトをしめるシンプルノット
ベルトの余った部分を輪にして先を通しておきます。

シンプルノットはカッチリした着こなしをしたい時におすすめの結び方です。
バックルに通すので、脱ぎ着が多いときは面倒かもしれませんが、長時間外出するときなどにおすすめです。

(4)フェミニンな結び方「バックリボン結び」

『後ろ姿が可愛らしくてつい声をかけてしまいそう』(30歳/社長)

トレンチコートのベルトは後ろで結ぶ人も多いですね。
その中でもリボン結びは、女性らしくて可愛いです。
後ろで結べば脱ぎ着するときに1回ずつほどいたり結んだりしなくていいというメリットがあります。

バックリボン結びなら、後ろ姿まで可愛くなれます。
後ろは自分で見えないので、時々形が崩れていないかチェックしましょう。


秋らしいアイテム「トレンチコート」の着こなし方をご紹介しましたが、いかがでしたか?
トレンチコートは大人っぽく着ることも、カジュアルに着ることも可能です。
ベルトの結び方はご紹介した以外にもさまざまな結び方がありますので、自分のスタイルを見つけてくださいね。