男性とLINEをする時、ハートマークをよく使うという女性の方。
男性によって女性からのハートマークのとらえ方は異なるようです。
そのため、相手によっては思いがけない捉え方をしてしまう場合もあるので、注意が必要です。

そこで、男性に聞いた、LINEでのハートマークの捉え方についてまとめてみました。

(1)女性からのハートマークは嬉しい

『シンプルに嬉しい』(26歳/公務員)

男性にとって女性からハートマークが送られてくると、嬉しいという意見が多いようです。
ハートマークだけではなく、ハートが含まれたスタンプなども同様。
嬉しいだけではなく、脈があるという期待をしてしまうことも。

実際期待してはいけないと知りつつも、どこか嬉しい気持ちになってしまうようです。
それがきっかけで意識してしまうこともあるので、それでもいい相手を選ぶことが大事と言えます。

(2)ただの絵文字として認識

『女は何かとハートをつけたがる、それだけだ』(23歳/警備員)

男性の中にはハートマークを他の絵文字同様、ただの飾りとしてとらえている方も多いようです。
特に大人な男性の場合、昔は意識していた、というケースも。
女性は軽い気持ちでハートマークを送るので期待しなくなった、という意見もあります。

そのため、若い頃は期待していたという男性も、大人になるに連れて意識しなくなるようです。
ハートマークを送る女性に対し、軽い印象を持つという男性もいるので注意が必要です。

(3)紛らわしいからやめてほしい

『望みはまだ捨てきってないぞ!!!』(35歳/コンサル)

最近ではLINEが普及していることもあり、昔に比べハートマークが日常的に使われています。
そのため、男友達にも普通にハートマークを使う女性も多くみられます。
そうした女性に対し、男性の中には紛らわしいからやめてほしいと思っている方もいるようです。

男性にとっては特別な相手にだけハートマークを使うべき、という考えがあるのでしょう。
そのため、軽い気持ちでハートマークを使うと男性に嫌がられることもあるようです。

(4)いちいち気にしない

『何も感じない……』(31歳/企画)

若い男性にとって、女性からハートマークが送られて来ることは珍しくありません。
そのため、いちいち気にしていたらキリがないという意見も。
特に、頻繁にハートマークを送って来る女友達のことは逆に意識しないようです。

そのため、好意がある男性には軽い気持ちで頻繁にハートマークを使わないことをおすすめします。


LINEのハートマークは、人それぞれ捉え方が違います。
そのため、送る際には相手を選び、見極めることが大事なのではないでしょうか。