友情という信頼関係を築いたうえでカップルになるのって素敵ですね。
男友達と進展したいと思ったとき、どうしたらいいか分からなくなることはありませんか?
今回は女友達から「彼女候補」になる瞬間をご紹介するので、2人の関係性を変える参考にしてみてください。

(1)弱い部分をさらけ出せた

『他の女性といる時よりも「気を遣わないかも」「楽かも」から始まって、なんでも話せる関係性の良さに気づいちゃったんですよね』(28歳/出版)

男性は少なからずプライドを持っており、なかなか異性に弱みを見せないもの。
もし男友達が弱みを見せてくれた時。
それはあなたに心を開いてくれたサインかもしれません。

弱い部分も受け入れてくれたという経験は、誰しも安心感を覚えますね。
自分の長所も短所も分かったうえで寄り添ってくれる人とは、将来を思い描くことができます。
彼が普段隠している弱みを出してくれた時は、丁寧に対応して受け止めましょう。

(2)色気を感じた

『たまに、女性として見てなかった人が女の子らしい恰好とかしてきたときにドキッとしてしまう……!』(34歳/金融)

ずばり、友達と恋人の違いとして大きいのは「色気」を感じているかどうか。
異性として意識していなかったのに、ある日、急に可愛く見えて恋に落ちてしまったなんてことも。
気になる男友達と会う時は、程よく女性的なファッションや振る舞いを取り入れましょう。

また、髪型をイメチェンしてみたり、メイクを変えてみるなどの工夫も取り入れるといい刺激になるでしょう。
ロングヘアの女友達がバッサリ切って気になってしまう……なんて話も何度か聞いたことがありますよ!
マンネリ化して飽きさせないよう、たまに変化をつけるのがポイントです。

(3)将来の価値観が一緒だった

『行きたい場所とか、やりたいことが一緒なのって大事じゃないですか?』(29歳/銀行)

真剣な恋愛を考えたとき「価値観が同じだった」という経験は非常に有効。
友達から恋愛関係に発展する時、内面をしっかり見たうえで交際に至ることが多いのです。
普段から彼が口にする価値観や将来像にしっかりと向き合いましょう。

特に大切なのは、付き合ったときの2人の姿を想像できる材料を作ること。
例えば同じ趣味なら一緒に没頭できますね。
連絡や会う頻度、好きなデートプラン、好みの食事など、具体的な価値観がたくさんマッチするとより勝率は上がるでしょう。

(4)辛い時に支えてくれた

『これから先も一緒にいたいって思うようになるきっかけになりますよね』(31歳/商社)

これは特に重要な事項。
いざという時に支えてくれた人というのは、強固な信頼関係を築くことができます。
大変な時でも寄り添えたことから結婚に至るカップルもいるでしょう。

もし彼が問題を抱えたり、疲れ切っているときは、徹底的に癒して支えるべきです。
やがて立ち直り、元気に過ごすことができるようになったとき。
彼にとってかけがえのない存在になっているはずですよ♡


「意識してもらいたい」と思ったとき、女性として意識させる行動に移しがちです。
でも、せっかく築いてきた友情関係を活かして強味にするのもいいのではないでしょうか?
内面の魅力や考え方の一致などで結ばれた場合は、より親密なカップルになれるはずですよ。