周囲からビッチだと思われるのは避けたいですよね。
ビッチだという印象を周囲に持たれてしまう女性には、実はある共通した特徴があるのです。

今回は、ビッチ認定されてしまう女性の特徴についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

(1)露出が多い

『勝手な偏見かもしれないんですけど、やっぱりビッチっぽいなって思っちゃいますよね』(28歳/商社)

常にミニスカートを履いて、胸元が大きく開いた服ばかりを着ている女性は、周囲からビッチだと思われている可能性があります。
露出が多すぎる女性は、男性に夜のことを連想させやすく、軽い女性だというイメージを持たれてしまうのです。

露出する時は胸元を強調するのではなく、ノンスリーブで腕を露出するなど上品さを意識することが大切です。
上品な露出であればビッチ認定されることもなく、男性をドキドキさせることができるでしょう。

(2)下ネタが大好き

『下ネタで盛り上がってても、男のノリに完璧についてこられるとちょっとビッチっぽいなって(笑)』(34歳/営業)

下ネタが大好きすぎる女性も、周囲からビッチ認定されてしまいます。
大胆な下ネタを恥ずかしがることなく大声で話したり、自分のことについておおっぴらに話しすぎると、「この人は性に対してすごく奔放なんだな」と周囲は感じてしまうのです。
そしてその奔放さがビッチなイメージに繋がってしまうのでしょう。

下ネタを話すのは構いませんが、リアルすぎる下ネタを面白がって話すのは控えるようにするべき!
性に奔放すぎるイメージを持たれると、ビッチ認定されるだけでなく周囲から引かれてしまうこともあるため注意しましょう。

(3)男友達が多すぎる

『全然、悪いことじゃないんですけど……ちょっとねビッチ感が……』(26歳/マーケティング)

男友達はノリが良く、サバサバとした関係性が心地よいため、男友達と一緒に過ごすことが好きという女性も多いはずです。
しかしあまりにも男友達が多すぎるうえに、同性の友達が少ない女性は、周囲からビッチだと思われてしまうことがあります。

男友達とばかり遊んでいて女友達がいないと、「男性に媚びている」と感じられてしまうのです。
「男性に媚びるから、あの人は同性の友達がいないんだよ」と周囲は感じて、ビッチ認定してしまうのでしょう。

(4)振る舞いに品がない

『すぐやれそうな感じがしちゃいますよね』(27歳/IT)

振る舞いや言葉遣いに品がない女性も、ビッチだという印象を持たれることがあります。
あまりにも雑な振る舞いをする女性は、性に対しても雑なイメージがあるため、誰とでも夜を共にするようなビッチだと思われてしまうのでしょう。

言葉遣いを正したり食事のマナーに気をつけたりと、日頃から振る舞いに気をつけると、上品さがグッと増します。
上品だというイメージを周囲に与えることができれば、ビッチというイメージを払拭することができるはずです。


いかがでしたか?
今回は、ビッチ認定される女性の特徴についてご紹介しました。
振る舞いを正して、周囲からビッチだと思われてしまうことのないように注意しましょう。