男性はギャップに弱い生き物とよく聞くことがありますが、実際にどんなギャップに弱いか考えたことはありますか?
ギャップはその人のタイプで全く異なってくるもの。
今回は男がキュンとする意外なギャップをいくつかご紹介します。

(1)普段は厳しいけど、優しい一面がある

『いつも、怒ってばっかりの人からいきなり、「無理してない?」とか声かけられると他の人から言われるのとでは、効果が全然違いますよね』(30歳/広報)

ドラマによく登場するような仕事ができてバリバリなキャリアウーマン
「普段は自分や周りの人にも厳しいので、ちゃんとした恋愛ができなそう」と思われている女性って現実にもたくさん存在しますよね。

いつもは怒ってばかりいる彼女たちも一人の女性であり、人間。
例えば、本気で体調が悪いけど、期日までに仕事を終わらせなければと無理をしている時に、突然優しい声をかけられたなど。
ふとした瞬間に優しい一面が見られたら男性もキュンとしてしまうものなんです。

(2)見た目とは違ってしっかり者だった

『いつもボーッとしてる感じで頼りなさそうなのに、仕事になると、すごく頼りになる人とか魅力しかないですよね』(25歳/公務員)

ふんわりした癒し系で、いつもは話しているだけで和やかなムードになる彼女。
男性にとって、こんな人が彼女だったらと憧れの女性っていますよね。

そんな見た目にプラス、しっかりとした一面が見れると更に好感度アップ。
例えば初対面の人と話す際、挨拶がしっかりできているなど、自分をきちんと伝えられる姿をみると、見た目とのギャップに大人の魅力を感じることでしょう。

(3)真面目でサバサバしているけど、面白い

『いつも、男っぽくてサバサバしてるのに、ちょっと天然なところがあったりするとなんかキュンキュンしちゃいますね』(26歳/営業)

一度決めたことは何があっても変えられない。
まるで武士のように真面目で、サバサバしている彼女。
一見、この人には冗談なんて通用しないのだろうと考えてしまうかもしれません。

しかし、じっくり彼女に関わってみるとすごくユニークでずっと話していたくなるほど面白い。
こんな女性に魅力を感じる男性も少なくはありません。
女性と同様、一緒に笑い会える存在を男性も大事にしたいのです。

(4)おバカそうだけど、料理がうまい!

『見た目から、包丁とか持ったこともなさそうなイメージの人が和食とかバリバリ作れたらもう、それだけで好きになっちゃいますよね(笑)』(32歳/人事)

金髪で、まつげエクステ厚盛り。
メイクもこってりなギャルタイプは一見、何もできなさそうと馬鹿にされてしまいがちですよね。

しかし、そんな彼女のお弁当をみたら栄養たっぷりの豪華な和食弁当だったら男性だけでなく女性もビックリするでしょう。
デコ弁でもなく、彩りのキレイな和食。
そんなギャップに男性は弱いものなんです。


もともとのイメージがまるでオセロのように覆されるギャップの数々。
皆さんはどのタイプが一番近そうですか?

自分の得意なことを秘めていると男性はもっと知りたくなるもの。
ぜひ自分の得意なことをギャップに変えてみてくださいね。