ハグしたときに気になるのは「ニオイ」です。
普段は彼女のニオイがあまり気にならない彼氏でも、体を密着させるハグはニオイで幻滅してしまうこともあるみたいですよ。
ハグしたときに男性が萎える瞬間4選をご紹介します。

(1)口から食べ物のニオイがした時

『食事の後なんだということはわかってはいても……』(26歳/公務員)

彼と会う前に食事をすませると、ハグしたとき口から強烈なニオイがしてしまうことがあります。
餃子やカレーなど、何を食べたかまでわかるようなニオイをさせていると、ムードもなくて彼も萎えてしまうでしょう。

美味しい食べ物でも、そのニオイが口から臭うと相手は不快に感じるものです。
彼と会う前の食事はニオイが気にならないメニューを選ぶようにしましょうね。
ニンニクなど香りが強い食材を使ったメニューは避けておきましょう。

(2)口臭がきつすぎる

『普段からケアしているのかな、と勘繰ってしまう』(31歳/アパレル)

食べ物のニオイでも不快になりますが、もっと不快なのが口臭です。
口からもわっとした口臭が漂うと、キスどころかハグも遠慮したくなるでしょう。

彼と会う前には歯磨きをして、マウスウォッシュで口臭ケアをしておきましょう。
携帯用の口臭スプレーを持っておくと、待ち合わせの直前にシュッとケアして息も爽快に!
口が臭い女性と思われないように、日ごろからケアしておきましょう。

(3)頭が臭い

『自分では気が付かないのかもしれないけど、注意もしづらい……』(28歳/美容師)

身長差があるカップルなら、ハグしたとき彼の鼻の前に彼女の頭がくることも。
女性の髪はいい匂いというイメージを持っている男性が多いですが、頭から悪臭がすると彼も萎えてしまいます。

悪臭の原因は、頭皮の脂、髪についたタバコのにおい、スタイリング剤のニオイなど……。
頭が臭いなんて思われないように、しっかりシャンプーや頭皮ケアをしておきましょう。

(4)体臭がきつい

『あまりにもひどいと、正直付き合い自体を考えてしまう』(25歳/営業)

彼女をギュッと抱きしめると体臭がきつくて萎えてしまうという男性もいます。
女性の体臭が好きという男性もいますが、好きな彼女でも臭いのは勘弁してほしいという男性が多いのではないでしょうか。

体臭は自分で気づきにくいこともありますので、知らないうちに「臭い」と思われているかもしれません。
彼と会う日は朝シャワーを浴びて、制汗剤でケアするなど、体臭ケアをしておきましょう。
万全を尽くしておけば、安心して彼とのハグを楽しめるのではないでしょうか。


ハグしてキュンとしてほしいのに、萎えるなんて思われたら悲しいですね。
ハグで萎える主な原因はニオイにまつわるものなので、彼に会う日は特に気を付けておいてくださいね。
気になるニオイを抑えてふんわりといい香りをまとえば、彼もハグでドキッとしてくれるでしょう。

(恋愛jp編集部)