男性に好きになってもらうために努力をする女性は多くいると思います。
しかし、女性が「良かれ」と思ったことが実は男性目線では「ちょっと違うな」となることも。
男女で「理想の彼女」像にどんな違いがあるのか、まとめてみました。

(1)男性は雰囲気でとらえる

『女性らしい雰囲気の女性が好きだけど、メイクや服装の違いは正直いまいちわからない』(34歳/不動産)

女性は男性に会うためにメイクやネイル、洋服など、努力を重ねます。
さらに、女性のファッションには流行や季節感も顕著に影響してきますね。
ところが男性はそこまで細かく見ていないことがほとんど。

男性は女性を全体的な雰囲気でとらえていることが多いといえます。
「柔らかい印象」とか「透明感」「優しい色合い」などといった印象を求める声が多いでしょう。
デートの前は全身鏡などでトータルバランスをチェックすることが大切!

(2)「ぶりっこ」に対する見解の違い

『ぶりっこの何が悪いかわからない!可愛いし、別にいいじゃん』(24歳/営業)

女性に嫌われがちなあざとい「ぶりっこ女子」。
女性からすると「なんで!?」と思うこともありますが、案外男性ウケが良かったりするのです。
男性からしたらどんな点に魅力を感じるのでしょうか?

男性だけに見せる特別感。
「好かれたい」という健気さ。
女性らしさを追求した「美意識」や「小悪魔的」な側面。

こういった要素が男性心をくすぐることがあるのです。
また、「ぶりっこ女子」は男性に現実ではなく夢を与えてくれます。
大好きな彼氏の前だけ特別に可愛い姿を見せるのもアリといえますね。

(3)男女で思う「優しさ」とは

『押しつけがましい親切は正直引いちゃいますね』(25歳/営業)

気遣いができる女性はモテるとよくいわれますね。
でも男女で思う「優しさ」が一致しないこともあるのです。
一体どんな点で一致しないのでしょうか?

一概にはいえませんが、気遣いをする際に「自分の魅力」を前面に出してしまう女性がいます。
そうすると、男性は「素敵な女性だ」と思わなければならない義務感に追われてしまうことも。
それに対して、男性は堅苦しくない「優しさ」を女性的な魅力としてとらえます。

具体的には「価値観を尊重してくれる」とか「さりげない気遣いをしてくれる」など。
男性に「親切を押し付けない優しさ」が理想ではないでしょうか。

(4)女性のプロポーション

『痩せすぎは好きじゃない。程よい肉付きが一番!』(30歳/不動産)

女性のプロポーション、つまり体型については男女の違いがよく生じる事柄ですね。
女性が痩せ形を好むのに対して、男性は健康体を好むといわれています。

ここでポイントになるのは男性があくまで「健康」を求めているというところ。
「ぽっちゃり」が好きとも話が違うのです。
運動により程よい筋肉がつき、痩せすぎていない体型という意味です。

そのため、彼に体型を指摘された場合は、極度な食事制限などをするのは得策ではないかも。
それよりも適度な運動習慣を取り入れて、健康的なシルエットを目指す方が、男性の理想に近づきますよ。


いかがでしたか?
同じ事柄でも男女で捉え方が変わってきますね。
男性の理想を念頭におくことで、努力がより結果を生むのではないでしょうか。

(恋愛jp編集部)