今回は、男性が嫌いな女性の口癖について徹底密着。
知らない間に自分の口癖が原因で彼をイライラさせていた……なんてことがないよう、しっかりと内容をおさえておきましょう。

(1)やっぱりね

『何様なんじゃいっ!』(24歳/営業)

ある程度予想がついていた事柄には、ついつい「やっぱりね」なんて言いたくなりますよね。
しかし、それが口癖になってしまうと「本当に分かっていたのか怪しい」と知ったかぶり疑惑をかけられてしまうようです。

また、「分かっていたなら最初から言ってほしい」という意見も多く、どちらにせよあまり良い印象を持たれていない模様。
たとえ予想が当たっていたとしても、その予想を口に出していないなら何も言わない方が懸命なのかもしれませんね。

(2)疲れた

『帰れっ!』(26歳/不動産)

「疲れた」という口癖は、「聞いてるこっちが疲れる」と男性から大不評
仕事が忙しかった時や運動後などに言ってしまいがちですが、口癖にならないようにグッと堪えた方が良さそうです。

また、疲れたに限らず「辛い」「嫌だ」なんてネガティブ発言もあまり好かれません。
もちろん本当に辛いときは誰かに相談したり弱音を吐いたりすることも大切ですが、毎回毎回聞かされるのは男性側も精神的に参ってしまうようです。

(3)だよね

『自分の意見は…どこ行った?』(29歳/企画)

いくら彼のことが大好きでも、彼の意見を無理に肯定するのはNGです。
「だよね」「分かる」なんて言葉で毎回賛同していては、「自分がない人だ」なんて思われてしまうかもしれません。

また、「話を聞いていなそう」「会話の中身がない」という意見も多く、つまらない印象を与えてしまいがちです。
本当に思考が一致していれば同調するのも良いでしょうが、単調な会話にならないよう注意しましょう。

(4)ていうかさ

『それ聞くと、なんか身構えちゃう(笑)』(27歳/飲食)

「ていうかさ」という言葉は相手の話を強制的に断ち切るイメージが強いためか、男性からあまり好まれていません。
また、「連呼すると馬鹿っぽい」「子どもみたい」なんて厳しい意見も多く、あまり使用しない方が良いようです。

会話の流れを作る上で非常に便利ですが、口癖にならないよう注意しましょう。


口癖というのはなかなか自分では気付けないものですよね。
しかし、そんな口癖のせいで彼が嫌な思いをしてしまうのであれば、見過ごすことはできません。

大好きな彼との時間を有意義に過ごすためにも、彼が嫌がるような言葉が口癖にならないよう注意しましょう。

(恋愛jp編集部)