今回は男性がやめてほしい女性の仕草を大公開!
興味を引いてもらおうと思っている行動も、実は知らぬ間に逆効果になっている恐れがあります。
どのようなことが男性を減滅させているのか、しっかりチェックしていきましょう。

(1)過剰なボディタッチ

『あんまり馴れ馴れしいと、誰にでもやってるんでしょ?って思っちゃう』(26歳/宣伝)

男性なら誰もが好きと思われていたボディタッチ。
近年ではこのボディタッチに嫌気がさしている男性が多いといわれています。
あまりにもボディタッチをしてくる女性が多いことから「あからさますぎる」「遊んでいそう」というイメージが定着しつつあるのです。

しかし、これはあくまで過剰なボディタッチに限ります。
本当に時々みせるボディタッチならば十分効果はあるので、タイミングはしっかり見計らって行うよう注意しましょう。

(2)ぶりっ子

『ぶりっ子に騙される男って、まだいるの?』(29歳/美容師)

男性ウケがよかったぶりっ子も、年々評価が下がってきています。
年齢が重なっているのなら尚更「見てて恥ずかしい」「まだやってるよ」と白い目で見られることもしばしば……。

カワイイという声よりやめてほしいという声が上回りつつあります。
もし、ぶりっこをする場合は、気になる相手だけにしておくと良いかもしれませんね。

(3)手で隠さずくしゃみをする

『衛生的な問題もあるからね!』(30歳/飲食)

生理現象でもあるくしゃみは、我慢しようにもできない時がありますよね。
男性も女性のくしゃみに対してはマイナスイメージを持っていません。
しかし、手で隠さず堂々とくしゃみをするのは、「汚い」「品がない」と不快感を持たれてしまうのは当たり前。

また、くしゃみの後に「あー」と口にするのも「おじさんみたい」とあまり良いイメージを持たれていません。
くしゃみをする時は、これらのことを意識してみると男性の見る目が少しずつ変わってくるかもしれませんね。

(4)食べ歩きまたは飲み歩き

『座って食べようとする子は品のいい印象が』(32歳/会社経営)

カフェの飲み物を片手にぶらぶら……こんな光景、女性なら誰しも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
まるで海外にでもいるかのようなその姿は、ちょっとした優越感を味わうことができるかもしれませんね。

しかし、男性からするとその行動は逆効果
オシャレとは程遠く「危ない」「迷惑」というイメージを持たれています。
気になる男性とデートをする際は、食べ歩きや飲み歩きは避けたほうが無難かも……


男性と女性のイメージは、必ずしも一致するとは限りません。
思考の違いからか、むしろソリが合わないことの方が多いのではないでしょうか。
男性の好感度を上げたい場合は、「いつもやってることだから」とたかをくくらず、一歩引いて反応を伺ってみるといいかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)