男性の興味を引こうとしているその仕草……ひょっとするとモテない要素の行動に当てはまっているかもしれません。
今回は、そんな一見モテそうと思われて実はモテない女性の勘違い仕草を4つ紹介していきます。

(1)脚を組む

『高飛車な女にも見えるから、やめた方がいいと思う』(30歳/自営業)

スラリとした脚を組む女性の姿は男性のハートを鷲掴みできる……こんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
確かに女性のキレイな脚に魅力を感じる男性はいます。
しかし、それは脚が好きな男性に限った話です。

興味がない人からすると「邪魔」「迷惑」という印象を抱かれることもしばしば……。
そればかりか、タイトなスカートの場合は「目のやり場に困るから止めてほしい」という声も挙がっています。
脚で女性らしさをアピールしたい場合は、脚を斜めに揃えるだけでも美脚をアピールできるのでオススメ。

(2)多用のボディタッチ

『あんまり誰にもベタベタ触ってると、オバチャンっぽい』(28歳/医療)

男性のモテ要素ともいわれているボディタッチを、日頃から無意識にしている女性も多いのではないでしょうか。
確かに気になる女性からボディタッチをされたら、多くの男性は喜ぶでしょう。
しかし、あまりにも頻繁にボディタッチをしてしまうと男性もマンネリ化してしまうかも。

そればかりか、最初は嬉しかったボディタッチも慣れていくと「遊んでそう」「男好きなのかな」というイメージを持たれてしまいます。
ボディタッチをする際は多用せず、ここぞという時に引き出して気になる男性の好感度をグッと上げましょう。

(3)何でも写真に収めたがる

『ミーハー感もあり、自己承認欲求満載で好きじゃない』(35歳/弁護士)

SNSやインスタグラムが流行をみせている現代において、珍しいものやキレイなものを写真に収めたいという女性は増加傾向にあります。
女性同士からは「女子力が高い」という意見を集めていますが、実はこの行動も男性たちからはマイナスイメージとなっているようです。

「子どもっぽい」「落ち着きがない」という意見が多く、勝手気ままな態度に一緒にいると恥ずかしささえ感じる人もいるんだとか……。
注目を集めることに意識しすぎると、気になる男性の興味を遠ざける恐れがあるので注意しましょう。

(4)見つめる

『見つめてくるタイミングがおかしい子っていない?(笑)』(24歳/アパレル)

男性をドキっとさせたいがあまりジッと見つめる仕草も、あまり良い印象を抱かれていないようです。
「どう反応したらよいのか分からない」という声が多く、嫌なイメージというよりは反応に困る人が多いといったほうが近いかもしれませんね。
男性の捉え方次第では見つめられることに対して「自分の顔になにかついているのか」と不快に感じる人もいるので注意。

そうなれば、モテない要素に盛り込まれても仕方がないのかもしれません。
見つめてアピールしたい場合は、無言ではなく一言添えたり笑顔をミックスさせたりして男心をくすぐっていきましょう。


女性は良かれと思ってやっていることも、一歩間違えれば男性を萎えさせてしまう要因になります。
モテない仕草はしっかり回避して、あなたの魅力を存分にアピールしていきましょう!

(恋愛jp編集部)