こんにちは。心理カウンセラーのSAYURIです。10月に入り毎週末どこかでハロウィンのイベントが開催されているようですね。

秋は他にもイベントがいっぱいの季節。楽しも多い反面、いつもと違う雰囲気のパーティーに誘われた時に見える自分のコンプレクスを心理テストで探ってみましょう。

あなたが参加したセレブなパーティーで……

玉の輿を狙う友達からセレブなパーティーに誘われて、一緒に行くことになったあなた。高級ホテル内のパーティー会場に入ると、あちこちからあなたを見てヒソヒソ話やクスクス笑う人がいました。その人達はあなたの何を笑っているのだと思いますか?

(1)顔に何かついてる? メイクが変?
(2)やっぱり私なんかの来る場所じゃない!?
(3)地味だから笑われてる?
(4)友達に借りたサイズがちょっと合わない服を無理矢理着てきたのがバレた?

あなたのコンプレクスはズバリここ!

(1)を選んだあなた

自分の顔に強いコンプレックスを感じています。そのコンプレックスを克服しようとメイクを念入りにしてはいても、そのメイク法に自信が持てず、普段は「まぁいっか。」で済ませているかも知れませんね。

でも女性はメイクだけでなく、表情によっても魅力が増すのでいつも笑顔を心がけてみましょう。

(2)を選んだあなた

もう自分の短所があれもこれも気になって仕方ない人。心理学的に言うと「自己肯定感の低い人。」

でも自分が短所だと思っているところでも他人から見たら長所である場合も多々あるのです。例えば自分の事を話し下手が短所だと思うなら、裏を返せば聞き上手です。

ほんの少し自分を見る角度を変えてみて下さいね。

(3)を選んだあなた

普段、派手なファッションなんか興味がないと思っているかも知れません。でも心のどこかで憧れているのかも

チャレンジする優季がないだけで避けるのではなく、例えばシンプルなネックレスやピアスを付けてみるといったスモールチェンジから始めてみるといいでしょう

(4)を選んだあなた

ズバリ自分の体型の自信がありません。そして「こんな体型に合う服なんてない。」と思い込んでいるところがあるようです。

普段はファッション誌などもあまり読まないタイプだと思いますが、時折読んで見ると意外なヒントがあるかもしれません。

女性の体型へのコンプレックスは日本人の場合とても強いようですが、ちょっと研究してみるとどんな体型でもオシャレを楽しむことが出来るものです。


普段の生活とはかけ離れた高級ホテル内でのパーティーというシチュエーションでは、あなたがいつも意識しているかどうかに関わらず、自分のコンプレックスが表面化します。でもコンプレックスのほとんどは自分一人の“思い込み”であることが多い事を知っておいて下さいね。

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)