ダボッとしたスウェットは、一見華奢コーデからは程遠い存在と思われがちです。
しかし、そのダボつきをうまく利用することができれば、華奢見せアイテムに早変わり!

今回は、思わず周囲が「〇〇さん痩せた!?」と驚いてしまう華奢見えスウェットコーデを紹介していきます。

(1)スウェットにタイトパンツ

『タイトパンツって足首とかの細さが際立っていいよね』(26歳/飲食)

ダボダボしたスウェットは体型を大きく見せてしまいがちですが、タイトパンツと合わせればスラリとした印象をプラスできます。
ちなみにタイトパンツはブラックやネイビーといったダークカラーを選択すると、より引き締まって見えるのでGood!

上下ともダボッとした服装だと体型を隠すどころか逆に太って見えてしまうため要注意です。

(2)スウェットとミニスカート

『可愛さとやんちゃさの加減がちょうどいい!』(26歳/不動産)

ダボつきのあるスウェットは、実はミニスカートと相性が抜群!
上部にボリュームがある分脚が細く見えます。
スウェットをスカートにINして、脚長効果を発揮すると更にGood

フレアスカートも可愛いですが、スタイルの良さをアピールしたいならタイトスカートを履けば、ヒップラインも綺麗に見せることができるかもしれませんね。

(3)細い&丈が短いスウェットパンツ

『スウェットなのにスッキリ大人っぽく着れてるとオシャレだよね』(30歳/事務)

ダボダボしたスウェットパンツは履き心地抜群ですが、脚が太く見えてしまうだけではなく部屋着やパジャマを連想させるため、だらしない印象を与えてしまう恐れもあります。
逆にちょっぴりフィット感のあるスウェットパンツだと、脚が細く見えて大人っぽさもプラスされるためおすすめ。

丈が短くて足首の出ているものだと更にスリムな印象を与えることができるので、おさえておくといいかもしれませんね。

(4)スウェットにクラッチバッグ

『スウェットって大きいバックだとどうしてもスポーツのイメージになっちゃうよね』(26歳/公務員)

ダボっとしたスウェットに大きめのバッグを合わせると、体系まで大きく見えてしまいます。
せっかくタイトなパンツやミニスカートなどでコードを完璧にしても、その野暮ったさはどうしても華奢とは縁遠いものになってしまうでしょう。

スウェットコーデをする際は小さめのクラッチバッグを合わるといいかもしれませんね。


スウェットはどうしても着心地を優先してしまいがちですが、そういったものは体型を大きく見せてしまうものが多いため要注意。
しっかりとポイントをおさえておけばスウェットでも華奢見えコーデは十分可能なので、今までにないコーデを体感したい人はおすすめです。

(恋愛jp編集部)