あなたは、エッチの時に失敗をしてしまったことがありますか?
誰にでも失敗はあるとはいえ、エッチの時の失敗はひときわ恥ずかしいもの。

他の人の失敗を読んで、同じミスはしないように心がけましょう。
今回は「ベッドの上の失敗エピソード」をご紹介します。

(1)ムダ毛処理シーンを見られてしまった

『デートの前にきちんとしておけばよかったと後悔』(26歳/公務員)

本当はいつでもムダ毛処理を完璧にしておきたいところですが、なかなかそうは行きませんよね。
急なお泊りやエッチで、ムダ毛処理が甘かったときはその場で慌てて処理するしかありません。

彼に感づかれないようにこっそりバスルームで処理するときは、背後に要注意です。
バスルームにムダ毛処理するあなたの影がくっきり映ってしまっているかもしれません。

また、せっかくのラブタイム、彼は一緒にお風呂に入りたいと思っています。
彼がサプライズでお風呂に乱入してきて見られてしまったケースもあるようです。

(2)エッチの最中に寝てしまった

『相手に申し訳なさすぎる』(31歳/サービス)

疲れているときや夜中のエッチなどついついウトウトしてしまいますよね。
しかもエッチの途中はリラックスしていて気持ちも良いので睡魔も強力です。
エッチの最中に寝てしまったというのはよくある失敗の様です。

とはいえ、寝られてしまった方は置いてけぼり。
疲れた恋人を気遣ってあげたい気持ちもありつつ、モンモンとしてしまいます。
どうしても眠いときは、エッチを始める前に寝てしまうことをおすすめします。

(3)インナーがボロボロだった

『すっかり油断していました』(24歳/IT)

ランジェリーが上下バラバラだったり、日常使い用のボロボロだったりと、インナーについての失敗エピソードも多いです。
毎日とっておきのランジェリーをつけるわけにはいきませんが、「今日は何もないからいいや」と油断することのないようにしましょう。

また、ベージュのランジェリーやガチガチの補正下着は男性ウケが悪いランジェリーの一つ。
たしかに機能的ではありますが、ベッドインする予定のある時は控えたほうが良いでしょう。

(4)オナラをしてしまった

『さすがに気付かれていたようなので正直に謝りました』(29歳/福祉)

生理現象とはいえ恥ずかしすぎるハプニングです。
万が一、してしまった時は素直に謝りましょう!
直前にお腹いっぱいご飯を食べると、お腹にガスがたまりやすくなるのでベッドインする可能性があるときは食事も控えめにすると良いですよ。


いかがでしたか。
恥ずかしい失敗も時間が経てば笑い話になります。
もしも失敗をしてしまってもいつか彼と笑えるようにあまり気に病みすぎないようにしましょう。

(恋愛jp編集部)