今回は、男性に嫌がられるキスのタイミングを徹底解明していきます。
どんな時に男性はキスがしたくないと感じているのか、早速その詳細をみていきましょう。

(1)寝起き

『寝起きの口でキスされるのはいくら好きでもちょっと……』(24歳/営業)

映画やドラマの影響で寝起きのキスに憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。
しかし、残念ながらそううまくはいかないのが現実。

寝起きはとても口臭が気になるため、キスどころではありません。
にも関わらずキスを求められたら、いくら大好きな彼女でも嫌がるのは当然です。

彼の気持ちを無視して「私は気にしないよ」と強制しても、嫌な気持ちはますます大きくなる一方でしょう。
寝起きにキスを嫌がられたら、一回引いて2人とも歯磨きをした後に再度アタックしてみましょう。

(2)人前で堂々とキス

『人前でキスするのは常識がないと思う。僕は無理です』(32歳/金融)

人前で堂々とキスをするのを嫌がる男性はとても多くいます。
もちろん、恥ずかしいという気持ちもあるでしょうが、なかには「みっともない」という思いを抱いている人もいるようです。

もし、彼が人前でのキスに抵抗がある場合は、2人きりになれる場所を探してからすると好感度を上げることができるかもしれませんね♡

(3)重い悩みを抱えているとき

『どうしてもそういう気分になれないときもある。嫌いになったわけじゃないんだけど……』(31歳/金融)

プライベートや仕事のことで悩みを抱えているときは、他のことになかなか頭が回りません。
それが重度の悩みであれば、いくら大好きな彼女からキスをおねだりされても気持ちが乗ることは難しいでしょう。

しかし、大好きな人からのキスで立ち直ることができる男性もいます。

「どうしたらいいのか分からない」という時は、そっと傍にいたり彼が1人になれる時間を作ってあげたりして様子を伺ってみるといいかもしれませんね。

(4)体調が悪いとき

『風邪ひいてるんだからキスしたら移っちゃうじゃん!』(28歳/コンサル)

「彼女にうつしたくない」という思いから、体調が悪い時はキスをしたくないという男性が多いようです。
また、単純に「それどころではない」「そっとしておいてほしい」という意見もありました。

イチャイチャしたい気持ちも分かりますが、彼が体調不良の場合はグッとこらえて看病に徹した方がいいかもしれませんね。


キスを嫌がられるなんて女性からすればショック以外の何物でもありませんよね。
しかし、シチュエーションやタイミングによっては彼が嫌がるのも仕方のないことなのかもしれません。

彼の気持ちに寄り添うためにもタイミングはしっかりと図って、素敵なキスで仲を深めていきましょう。