LINE電話を上手に利用していますか?
メッセージだけでなく、時には電話もすることで彼との距離を縮めることができるでしょう。
男性がキュンとするLINE電話テクを4選ご紹介します。

(1)「声が聞きたくて」

『こっちも声が聞きたいなって時あるから、全然嬉しい!』(26歳/営業)

普段はメッセージを送ることが多いあなた、たまには通話で男性をキュンさせてはいかがでしょうか。
普段あまり電話で話すことがなければ、突然の電話に彼も驚くでしょう。
「声が聞きたくて……」のひとことに、彼はキュンキュン♡

メッセージのやりとりを頻繁におこなうよりも、短時間の通話の方が彼を身近に感じることができます。
LINE電話で気になる男性をキュンとさせてみてはいかがでしょうか。

(2)「……もう少し声が聞きたい」

『こんなこと言われたら、一瞬、会いに行こうか迷うよね(笑)』(30歳/福祉)

電話を終わらせるのは寂しいとき、「もう少し声が聞きたい」と甘えてみましょう。
明日も仕事なら、あまり遅くまで話していられないでしょうが、寂しそうに甘えると彼はキュンとするはず。

こんなことを言われたら、男性は「会いに行きたい」と思ってしまうでしょう。
遅い時間の電話なら簡単には会いに行けないでしょうが、彼も「もっと声を聞きたい」「顔が見たい」という気持ちが募ってしまいます。

(3)「話を聞いてくれてありがとう」

『また相談に乗ってあげたくなるなぁ』(33歳/コンサル)

彼氏じゃない男性でも、寂しいときに話し相手になってもらったり、悩んでいるとき相談にのってもらったりすることがありますよね。
そんなとき、電話を切る前に「話を聞いてくれてありがとう」のひとことが男性をキュンとさせます。

話し相手になってくれたことに感謝してお礼を言える女性。
「丁寧でいい子だな」という印象が残り、彼はあなたのことを特別な目で見るようになるかもしれませんよ。

(4)「特に用はないんだけど……」

『えっどうしたの?って気になるよ!』(25歳/広報)

普段あまり電話してこない女性から電話がかかってくると、「急用?」と思ってしまいますが、「特に用はないんだけど」と照れたように言われると男性はキュンとしてしまいます。
特に用はないけれど電話するということは、直接声を聞いて話したかったということ。

自分と話したいと思ってくれるということが嬉しいし、照れている彼女も可愛くて気になってしまうでしょう。
時には用がなくても電話して、声を聞くのもよさそうですね。


手軽にメッセージを送れて便利なLINEですが、たまには声が聞きたくなりますよね。
普段メッセージのやりとりばかりなら、突然の電話に彼もドキッとするはずです。
LINE電話で彼をキュンとさせてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)