あざとい女性は、スキンシップで男性を虜にしてしまうことがあります。
たとえわざとらしいスキンシップでも、男性は落ちてしまうものです。
男性を虜にするスキンシップには、いったいどのような方法があるのでしょうか。

そこで、男性がオチルあざとい簡単スキンシップをご紹介します。

(1)あだ名で呼ぶ

『親近感を持ってくれてるようで嬉しい!』(22歳/福祉)

男性と上手に仲良くなるには、名前の呼び方が重要。
いつまでも苗字にさん付けの呼び方では型苦しいですよね。
しかし、あだ名で呼ばれると男性は女性との距離が一気に縮まったような気になるはず。

そのため、あざとい簡単スキンシップとしては、まずはあだ名で名前を呼ぶことから始めましょう。
突然積極的になるより、距離を縮めてから徐々にスキンシップを取り入れていくことをオススメします。

(2)理由をつけて触る

『直接タッチよりも、ネクタイ直してもらう方がドキドキするかも』(28歳/管理)

あざとい女性は、よく男性にボディータッチをする傾向が。
襟が立っている、ネクタイが曲がっている、などの異変に気が付いたら、すかさず直してあげたがります。
そうした女性に、男性はついついオチル場合が多いようですよ。

わざとらしいとわかっていても、女性に触られるとその気になってしまう男性には、理由を見つけて触ってみましょう。
そうすることで、自分に気があると思わせることができるかも。

(3)うるさ過ぎない

『うるさい子は台風みたいで苦手(笑)』(35歳/医療)

明るい女性は男性から人気がありますが、女性として見られない傾向にあります。
女性として見られるには、うるさ過ぎない程度がベスト。
守ってあげたくなるような女性の場合、男性の方からスキンシップを求めてやって来ます。

男性からのスキンシップを誘発するには、儚さが漂っていると効果的。
元気過ぎると男性が引いてしまうこともあるので注意しましょう。

(4)二人きりになりたがる

『誘われて嫌な男はいないでしょ~』(26歳/スタイリスト)

男性とスキンシップをとるには、まずは二人きりになる必要があります。
そのため、あざとい女性は男性と二人きりになるよう仕向けます
そして二人きりになった途端に甘えたりし、男性をロックオン!

二人きりの時に普段と違う一面を見せると、男性は気があると思う傾向にあります。
そのため、簡単にスキンシップをとるには隙を見つけて男性と二人きりになるよう心がけましょう。


男性がオチルあざといスキンシップは、モテるためのポイントになることもあります。
そのため、あざとい簡単スキンシップを参考に、気になる男性にアプローチしてみましょう。

(恋愛jp編集部)