カップルにとってハグは大事なスキンシップの1つです。

そんなハグを日常的にできるカップルは、いつまでも仲がいいままでいられますよね。
いったい日常的にできるハグとは、どんな方法があるのでしょうか。

そこで、毎日できる日常ハグについてご紹介します。

(1)いってらっしゃいのハグ

『いってらっしゃいのハグをされると、今日も1日頑張ろう!って気持ちになる』(30歳/営業)

いってらっしゃい、おかえり、などの際にハグをするのは、海外では当たり前。
海外ではそうした挨拶の代わりにハグをすることが多いこともあり、日常的に取り入れられています。

日本ではそうした文化がないため、たとえ恋人同士であっても人前でハグをするにはかなりの勇気が必要です。

しかし、いってらっしゃい、おかえりのハグは家の中でする挨拶なので抵抗なく出来ます。
ハグを日常に取り入れるなら、まずはいってらっしゃい、おかえりのハグから始めてみましょう。

(2)感謝を込めたハグ

『彼女の誕生日のお祝いをしたときに、ありがとうってギューッてされて、とても嬉しくて愛しくなりました』(27歳/コンサル)

相手が嬉しいことをしてくれたとき、言葉で気持ちを伝えるのが難しいことってありますよね。
そんなときはハグで気持ちを伝えてみましょう。
ありがとうのハグは、相手に気持ちが伝わるだけではなく、温かい気持ちにさせることに繋がります。

ありがとうという言葉は日常でよく使われますよね。
その際にハグを取り入れることで、毎日ハグすることが出来ます。

(3)ごめんねのハグ

『彼女と喧嘩したときは仲直りにごめんねのハグをするようにしています。その方がわだかまりが残りにくいんですよね』(31歳/不動産)

ケンカをしてしまったとき、仲直りするのが難しいことってありますよね。
謝ったとしても気まずさが残ってしまうと、落ち込んでしまうことも。
そうならないためには、ごめんねのハグをしてみることをおすすめします。

ハグをすることでケンカを引きずることなくすぐに仲良くなることが出来ます。
そのため、ケンカをしている期間が短くなり、仲のいいカップルになることにも繋がります。

(4)大好きのハグ

『やっぱりハグされると嬉しいし、自分のことが好きなんだなぁって伝わってくる』(28歳/アパレル)

相手のことが大好きな気持ちは、普段なかなか伝えることが出来ませんよね。
大人になるに連れてそれがさらに難しくなる傾向にあります。

そんな感情を表現する際には、ハグで気持ちを伝える方法があります。

大好きという気持ちが溢れるようなハグは、お互いを幸せな気持ちにさせてくれます。
そのため、大好きのハグは日常に取り入れることをおすすめします。


毎日できる日常ハグは、様々な場面で取り入れることが出来ます。
日常にハグを取り入れることで、より仲のいいカップルになることにも繋がります。

そのため、日頃からハグが出来る関係を築くよう心がけましょう。

(恋愛jp編集部)