「100年の愛も冷める」なんて言葉、聞いたことはあるのではないでしょうか。
しかし、「そんなことって実際にあるの?」と思っている人も多いでしょう。
冷める理由は色々あります。

理由の1つとして、彼に言ってはいけないことを言うということも挙げられますよね。
ここでは「愛も冷めちゃう絶対禁句なセリフ」についてみていきましょう。

(1)「浮気してるでしょ」

『そんな男にみえてるのかってショックだわ』(28歳/営業)

みなさんは、彼の浮気を疑ったことはありますか?
その時、彼に直接聞いたりしましたか?
もし、それが本当のことであれば、真実を確かめるためにも必要だったことかもしれません。

しかし、もしそれがただのあなたの勘違いであった場合は……?
そして、「浮気してるでしょ」なんてことを言われた彼の気持ちは……?

ただ、時間を作る余裕がなかっただけかもしれない彼に、その一言はキツイですよね。
しかも、本気で愛しているあなたから疑われたショックは計り知れないでしょう。

(2)「ここ元カレと来たことある」

『君にとっては俺との思い出にはならないわけね……わざわざ言うことなくない?』(26歳/アパレル)

彼氏とは色々な場所へデートでお出かけするはず。
中には元カレと遊びに来たことがある場所もあったりするでしょう。
しかし、もしそうであっても、あなたの胸のうちに納めましょう

わざわざ彼に言う必要はないですよね。
せっかくのデートが台無しになって、冷められるかもしれないので要注意。

(3)「これくらいなんともない」

『この先もっと大変なことがあっても、その一言で片付けられちゃうのかなって不安になる』(30歳/インテリア)

彼が風邪をひいたとき、きちんと優しくしてあげていますか?
「これくらいなんともないよ!」といった一言で突き放してはいないですか?
体調が悪いと、人は誰かに甘えたくなるはず。

特に彼女には甘えたいという男性は多いかもしれません。
しかし、「これくらい大丈夫でしょ」と心配もせずあっさり言われたら……。
きっと、あなたの優しさを感じず、冷めてしまうかもしれないので気を付けましょう。

(4)「〇〇君のほうがスゴイ」

『つまり俺じゃつり合えてないからその男になれっていってるのかな』(29歳/事務)

「〇〇君のほうがスゴイよ!」
「〇〇君のほうが上手だよ!」
「〇〇君って給料高いんだって」

など、あなたにとっては何気ない会話でも、それが彼を傷つけることにはなっていませんか?
比べられるのは誰でも嫌ですよね。
彼女に他の男性と比べられてしまうのは、屈辱でもあります。

そういった発言をしないように気を使うことも彼女として大切です。


いかがでしたか?
女性は、いつまでも彼から愛される存在でありたいはず。
そのためには、自分の発言や行動も気を付けないといけないですね。

(恋愛jp編集部)