「アゲマン」や「サゲマン」といった言葉を耳にしたことはあるのではないでしょうか。
「聞いたことはあるけど意味はよくわからない……」という人もいるかもしれませんね。

簡単にいえばアゲマンは、男性の運気を上げる女性、サゲマンは運気を下げる女性のことを指します。
ここでは「彼氏を不幸にしちゃうサゲマン女子の特徴」についてみていきましょう。

(1)わがまま

『一緒にいて疲れる。自分の時間を削られるだけ』(26歳/金融)

とにかく女王様気分の女性はNG。
私の言うことは全部聞いて当たり前という女性は、一緒にいる男性に良い影響を与えません。

それに気づいて遠のいていく男性がいるかもしれないですが、それが正解。
それに気づくことなく、わがままな女性の言うことばかりをきいている男性は、振り回されっぱなしの生活になる恐れがありますよね。

そして、大切な何かを忘れたり、失うものがでてくる可能性もあります。
なので、決してプラスになるものは得られないということです。

(2)ネガティブ

『一緒にいても自分にとって良いことがない』(30歳/福祉)

口を開けばマイナスな言葉を放つ女性は、全く魅力的ではありません。
ネガティブな考えをもつ人と、一緒にいても楽しくはないですよね。

そんな女性と一緒にいる男性までもが、ネガティブ思考になってしまう可能性があるでしょう。
辛いことがあっても、前向きにさせてくれる女性ではないので、本当は乗り越えられる壁も、乗り越えられない男性になるかもしれません。

(3)連絡を頻繁にほしがる

『度が過ぎるのはちょっと。こちらの都合も考えて』(24歳/通信)

連絡をマメにとることは大切です。
しかし、強制的に要求したりするのはNG。
ほんのすこし連絡が遅れただけで、「なんで連絡してくれないの?!どこで何してたのよ!」となると最悪ですよね。

また、男性が仕事中とわかっていながらも、しつこく電話をかけてきたりするのもNG。
仕事に支障をきたす原因を作る女性は、アゲマンになるには程遠いでしょう。

(4)謝らない

『周りにも悪い影響しかないと思う』(27歳/営業)

謝ることを知らない女性はいませんか?
自分の非を認めて素直に謝ることができる人は、周りからも信頼があついはず。

しかし、やたらとプライドが高く、自分が言っていることが全て正しいと思っている女性もいることでしょう。
そんな女性が素直に謝るなんてことは、滅多にないかもしれません。
一緒にいていつも女性から責められていては、男性からすると自分の成長を妨げる存在としかならないでしょう。


いかがでしたか?
サゲマンだと思われないように、今一度自分の行動を振りかえると良いかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)