今では必須級の連絡アイテムとなったLINE。
面と向かってだと、気になる彼と何を話していいかわからない人でも、LINEでなら何とか話せるという方も多いのではないのでしょうか?

「でもLINEだけで彼のハートがつかめるの?」と心配になる方もいるかもしれませんね。
安心してください、LINEにはLINEの良いところがあるので、ポイントを押さえればしっかりと彼にアピールすることができますよ。
この記事では、LINEだからこそ使える「彼をキュンとさせる一言」について紹介していきます。

(1)「ドキドキする!」

『なんかジャニーズになった気分になっちゃうかも(笑)』(24歳/福祉)

彼をキュンとさせたいなら、まずはあなたの素直な気持ちを伝えてみると良いでしょう。
彼とトークをしていてドキドキするなら、その気持ちをキチンと伝えてみてください。

「あなたと話せてドキドキしてる!」「LINEできてうれしい!」と素直な気持ちを伝えれば、彼にもあなたの気持ちが伝播するはず。

特に、いつもは恥ずかしくて彼と話せないような方ほど、「ギャップ萌え」のおかげで効果が高まります。
勇気を出して、思いを伝えてみてくださいね!

(2)「私も○○が好き!」

『なんか食いついてくれてる感があっていいね』(27歳/IT)

男性は、女性からの「好き」という言葉に弱いもの。
特にふたりきりのLINE上で「好き」というワードが出ると、無意識に反応してしまうんですね。
そんな男性の本能を利用して、彼をドキドキさせてしまいましょう!

何気ない会話の中に「好き」という言葉を潜ませることで、あなたの気持ちを忍ばせることができますし、彼の気持ちも刺激できます。
スリルも味わえて一石二鳥!

(3)「おやすみ」

『相手からLINEを終わらせてくれるのは気を遣わないで済むし、爽やかで好感が持てる』(33歳/看護士)

LINEの良いところと言えば、時間を気にせずにトークができること。
お互いの時間が許す限りトークを続けることができるので、止め時が分からなくなってしまうことも。
そんな時は、相手を気遣ってあなたからトークを切ってみるのもアリ。

そこで付け加えたい一言が「おやすみ」です。
男性って、あまり「おやすみ」って言わないんですよね。

その分、女性から言われる「おやすみ」の破壊力はバツグンなんです。
カワイイ絵文字やスタンプを一緒に送ることで、さらに彼をキュンキュンさせることができるので、ぜひトライしてみてくださいね!

(4)「電話してもいい?」

『好きな子だったら、これは嬉しいよ!』(25歳/会社員)

もし、あなたが彼と電話できるくらい仲が良く、またその勇気があるのなら、ぜひチャレンジしてほしいのが「LINEからの電話」です。
この「LINEでトークをしてから電話をする」というところが大切なポイント。

LINEで何気ない会話をしているときに、「電話していい?」と聞かれると、かな~りドキッとするんですよね。

そこに、「寂しいから」「声が聴きたいから」なんていう理由をつければ、彼も思わずキュンキュンしてしまうはず!
彼にもう一歩近づきたいなら、思い切ってやってみてくださいね。


LINEだからこそ使える「彼をキュンとさせた一言」を4つまとめてご紹介しました。
何気ない一言ですが、人によっては勇気がいる言葉かもしれませんね。
でもこのドキドキも恋愛の醍醐味なので、楽しみながらチャレンジしてくださいね

(恋愛jp編集部)