エッチ中、男性は何を考えているのだろうと思ったことありませんか?
実は、エッチは楽しいばかりではなく、我慢していることもあるようです。

その我慢していることをなくしてあげれば、2人のエッチはもっと良いものになるはず。
そこで今回は、実は、男性がエッチ中に我慢していることを、紹介していきます。

(1)イクこと

『早々に自分だけイッてしまうと申し訳ない感じがして……』(27歳/営業)

体調や心理的なことで、射精のタイミングは変わってくるもの。
ある程度コントロールするために、イクことを我慢しています。
それは、早くにイクと彼女を悦ばせてあげられないから。

彼女を気持ち良くさせたい、エッチで満足させたいという優しさからくるものです。
また、早くイッてしまうと幻滅されたり、不満に思われたりすることが嫌という理由もあります。
いつもより彼が早くイッても、気持ち良かったことをきちんと伝えてあげると良いですね。

(2)喘ぎ声を出すこと

『本当は声を出したいんだけれど……』(31歳/サービス)

男性は、自分が感じているままに、喘ぎ声を出す人は少ないですよね。
それは、恥ずかしさがあるから。
感じても、激しい喘ぎ声は我慢していることが多いです。

確かに、男性が激しく喘ぐことに引いてしまう女性もいるかもしれませんね。
しかし、自分の愛撫で彼が気持ち良くなっていることが分かるのは嬉しくなりませんか?

彼が喘ぎ声を我慢しているようなら、「声、我慢しなくてもいいよ」や「気持ち良くなってくれてるの嬉しい」など伝えてあげると◎!

(3)毎回フェラして欲しいこと

『されるの好きだけど、女性側はそうとは限らなので』(27歳/広告)

フェラされるのが好きという男性は多いもの。
しかし、フェラが女性にとって大変なことだと知っているので、毎回お願いすることは躊躇ってしまうもの。
フェラして欲しくても、我慢していることも……。

女性の中には、フェラが好きではない人もいらっしゃると思います。
もちろん毎回彼に合わせて、好きではないフェラをする必要はありません。

しかし、フェラをしてあげたいと思う時は、彼に頼まれなくてもしてあげると喜んでくれますよ。
また、彼にフェラをして欲しいと言われた時は、嫌がる素振りは見せないようにしましょう。

(4)彼女が受け身なこと

『このままシちゃっていいのか不安になる。せめて反応が欲しい』(31歳/広告)

エッチは全て男性任せにしていませんか?
誘うのも彼からで、エッチ中は彼に任せて何も動かなければ、愛情を感じられないことも……。
彼女が受け身であっても伝えられず、我慢してる男性もいます。

エッチは2人でするものなので、参加の意図が見えなければ、なんだか悲しくなるもの。
自分ばかりが頑張っているようで虚しくなります。

どのように動いて良いか分からなくても、感じていることは伝わるようにしましょう。
また、騎乗位など女性主導の体位では、上手ではなくて良いので動くようにすると良いですね。


男性がエッチ中に我慢しているほとんどは、女性への優しさや気遣いからです。
毎回我慢することが多ければ、マンネリになることも……。
我慢することを解放させてあげられると、2人のエッチがもっと良いものになること間違いなし!

(恋愛jp編集部)