たくさんの恋愛テクニックを実践してきたけど、いまいち上手くいった感じがしない……なんて感じたことありませんか?

ネットにはたくさんモテるなんて書いてあるのに、何故かモテない……なんてことたくさんあると思います。
もしかすると、それってテクニックじゃなくてあなたに原因があるかも。
恋愛テクは使えばいいってものじゃないです。

今回は、恋愛テクニックが上手くいかない原因と使いこなすコツををご紹介します。
自分に当てはまるかどうかを確認してみて。

(1)テクニックを意識しすぎ

『ネットで覚えた知識を披露してる感がバレバレなんですよ。なんか必死な姿見ると哀れに思える』(31歳/商社)

例えば、相槌を打つ女性はモテるなんて言われますよね。
理由としては男性は自分の話を聞いてくれる女性が好きなんだとか。

確かに男性からしてみれば、「話し上手よりは聞き上手」な女性が好きな人が多いです。
ただ、それを鵜呑みにしてずっと目を見て「うんうん」とひたすらうなずいていませんか?
それNGです。

大事なのは、話に合わせることです。
きちんと相槌じゃなくて、質問してあげたりすることが大事。
恋愛テクニックを意識しすぎて、空回りしないようにしましょう。

(2)恋愛テクがキャラにあってない

『なんか無理してるんだよなぁ……君にはかわい子ちゃんになるキャラは合わないと思う』(27歳/教員)

恋愛テクニックって使えばいいと言うものでもありません。
あなたにあった恋愛テクニックを使うことが大事なのです。

あなたの普段はゆるふわ系のキャラなのに、突然LINEなど相手を突き放すクール系を演じても男性からしてみれば「何をしてるんだ……?」と思われるだけですよね。
何かしたのかな?と思われて関係が悪くなるだけです。

自分のキャラにあった恋愛テクニックを実践することが大切。
次からは、恋愛テクニックを効果的にするコツをご紹介します。

(3)「いつもの自分」を恋愛テクでブランディング

『家庭的な女性を無理に演じてるんだよね。テクニックが先行してる感じわかるかな?』(25歳/コンサルティング)

大切なのは自分のことをブランディングすることです。
恋愛テクニックをどれだけ使っても、先ほどもご紹介したようにあなたのキャラがあります。

男性は、相槌を打ってくる女性が好きなのではなくて、”相槌を打って”「話を聞いてくれる女性」が好きなのです。
あなたが聞き上手なら相槌を打って、質問するという恋愛テクでブランディングすることが大切なのです。
自分の質を高める恋愛テクニックを利用することで、自然と男性も振り向いてくれます。

(4)恋愛テクニックを使うタイミング

『なんだか気づけば惚れてた』(30歳/不動産)

自分のキャラを高めるための道具が恋愛テクニックです。
とはいっても、使うタイミングが大事。

例えばあなたが甘えん坊というキャラで抱きつき系の恋愛テクニックでブランディングするときがあるとします。
何でもかんでもギュっとしてませんか?
ずっと甘えられても逆効果で、しつこく感じたりわざとらしさを感じさせます。
彼を観察して適当な時に行いましょう。


いかがでしたか?
あなたの恋愛テクニックがうまくいかない理由と効果的にするコツについてご紹介しました。
大事なのは自分を知り、相手を知ること。

しっかりコミュニケーションをとって、自分をアピールしましょう。

(恋愛jp編集部)