デートって、ちょっとおしゃれなランチや絶景、楽しいことがいっぱいです。
だからつい、SNS用や思い出を残したくて写真を撮ってしまいます。

では、その女子の行動を男はどう思っているのでしょうか。
今回は、デート中に写真ばかり撮る女性をどう思うかを男に聞いてみました。

(1)思い出に残るからあり

『デート後にLINEで共有してくれるのが嬉しいし毎回楽しみです!』(29歳/アパレル)

否定的な人も肯定的な人もいるデート中の写真。
写真をとってくれることで二人の思い出が残ると肯定的な人は喜んでいる人も多いようです。
一緒に楽しむという目的が共有できるのであれば、喜んでくれる彼氏もいるようです。

(2)自分も撮りたい

『はしゃいでる彼女や嬉しそうな彼女をとりたくてちょっといいカメラ買いました。笑』(33歳/営業)

二人の思い出を残したいのは彼女だけじゃないという彼氏もいるようです。
そんな彼女を撮りたい彼氏とは、撮りあいっこしても楽しめるはず。
彼氏の写真テクニックを褒めたり、一緒に楽しんでシェアできると仲も深まりそうです!

(3)SNSにUPはちょっと嫌

『あんまり自分が映ってるのをあげられたくないし、目の前よりSNSメインに回っている気がしてちょっと嫌ですね』(30歳/金融)

肯定派がいる反面、苦手という否定派もいるので、タイプによっては彼氏に配慮も必要です。

例えば、写真を撮られるのが苦手という人もいます。
他にも、SNSで自分をアップされるのに抵抗がある人もいるようです。
彼氏のSNS遣いなどを見て、嫌なことが無いかを確認してからアップするようにしましょう。

(4)TPOを考えて

『ちょっといいところで食事する時に毎回写真撮るのに必死なの見るとちょっと引く。こっちは彼女が喜んでほしくておごってるのであって、誰かに自慢するためのになってると思うと寂しい。あと普通に恥ずかしい』(34歳/コンサル)

ちょっといいレストランやディナーなどに行くと、普段とちょっと違う特別感が嬉しいもの。
もちろんインスタ映えもします。
だから、ついなんでもいちいち写真に撮りたくなってしまう人もいるようです。

彼氏によっては、それが恥ずかしいと感じる人もいます
TPOを考えて、周りの様子を見て、一言かけてから撮るなど配慮できるかどうか見られているかもしれません。


いかかでしたか?

写真を一緒に楽しめる人がいる一方で、あるアンケートでは7割の男性がNGだそうです。
デートの目的は、一緒に二人で楽しむことがメイン。

写真はその次という意識をもって置いた方がよいかもしれません。
相手や場所によって配慮できることが大人のたしなみにもなってくるので気を付けましょう。

(恋愛jp編集部)