自分に自信がなかったり、人ばかり羨ましくなりがちな性格の女性は多いかもしれません。
でもそんな卑屈なネガティブさのせいで彼氏ができないとしたら勿体ないですよね。

今回は、男も嫌気がさす「ネガティブ女子」の特徴をご紹介します。
自分の考え方を見直して、一つずつやめていきましょう。

(1)「どうせ私なんて」が口癖

『うかうか女優やアイドルも褒められない。笑 めんどくさいですね』(28歳/人事)

ネガティブ女子の代表的な口癖が、「どうせ私なんて」というフレーズ。
これが出たら、周りの男の人は「そんなことないよ」と言いながら引いています。

フォローしてくれる優しい男性もいますが、ネガティブ女子は何かあると同じようにぐちぐち言ってしまうので、嫌気がさします
嫌われたくないなら「どうせ私なんて」を封印することからはじめましょう。

(2)すぐ死にたいという

『いちいちかまうのがめんどくさいけど、ほっておけないし、距離をちょっとずつおいてます』(30歳/営業)

言っている本人は誰かに何かをして欲しいわけじゃなくただつぶやいていることが多い「死にたい」発言。
しいて言うならちょっとかまってほしい相手なんかに言ってしまいがち。

ネガティブを吐き出したいから言ってるだけで解決方法は特にありません。
でもこんなことを頻繁に言う子は重いし、めんどくさいのでだんだんフェイドアウトされます。

(3)被害妄想がすごい

『会うたびに不安なのと泣かれて気持ちを確かめられる。どうしたら彼女が満たされるかわからなくなってきた』(33歳/コンサル)

自己肯定力がないのに、自意識が高いから被害妄想が強いネガティブ女子。
特に嫌われるのが被害妄想です。

妄想の域を出ないので、解決方法もないし、本人の問題だから周りは気に掛ける、大丈夫だよというくらいしかできません。
たまにならまだいいですが、頻繁に被害妄想をする子からは人が離れていきます。

(4)同意しないと機嫌が悪くなる

『ネガティブにのってたら疲れるのでポジティブに返してたら機嫌が悪くなってめんどかった。一緒にいて全然たのしくない』(33歳/不動産)

自分が正しい系高飛車ネガティブ女子に多いのがこのタイプ。
自分が知らないことが話題に上ると不機嫌になったり、知ったかぶりをしてしまいます。

基本的に周りからはめんどくさいと思われがち。
でもプライドが邪魔をしてなかなか自分を変えられないのも辛いところ。
素直になることができると、周りの接し方も変わってくるはずです。


かまって欲しい気持ちをこじらせがちなネガティブ女子。
かまって欲しいメンタルがあるが故に、落としやすく、最初はちやほやされますが、付き合うと重くめんどくなって別れることが多いのではないでしょうか。
脱ネガティブ女子で、長く続く恋愛に切替えて幸せになってください。

(恋愛jp編集部)