男性が彼女のことを大切にしようと思う瞬間は、一体どのような時なのでしょうか。
男心が分からない女性からすると、彼氏の心境はとても気になるものですよね。
今回は、そんな謎に包まれた男性の心理を一緒に暴いていきましょう!

(1)一緒にいて安らげると感じたとき

『まだ一年たってないのに何年も一緒にいたかのような居心地の良さを感じたときは、この彼女と絶対ずっと一緒にいようって思いました』(27歳/飲食)

一緒にいて安心感が生まれるのは、居心地が良いからこそ。
「自分の居場所はここだ」と認識できれば、誰もがその居場所を逃さないように守るでしょう。

つまり、一緒にいて安らぎを感じるときは、同時にその人のことを大切にしようと思う瞬間でもあるのです。
一緒に楽しく食事をしたり他愛もない話しで盛りがったり……そんな何でもない当たり前の時間を大切に過ごせば、自ずと相手に安らぎを与えることができるのかもしれませんね。

(2)支えてくれたとき

『どん底を乗り越えた時、俺はこの人がそばに居てくれなかったら今いないかもしれないと感じた』(29歳/金融)

心身共に弱っている時、自分のことを支えてくれる人がいたらとても心強く感じますよね。
それが大好きな彼女であれば、尚のこと大切にしたいと感じるでしょう。
彼が人間関係や仕事のことなどで悩んでいる際は、そっと手を差し伸べてあげることを心がけてみましょう。

(3)気配り上手な姿をみたとき

『気配り上手だと、ほんとにどこにだしても恥ずかしくないしむしろ自慢!』(27歳/教師)

誰にでも明るく振る舞える姿やちょっとした変化にも気付くことができる女性は、他の女性を圧倒するほど好感度が高いといわれています。
そのため、気配り上手な女性=モテるというのは当然といえば当然の結果なのかもしれません。

そんな気配り上手な女性が自分の彼女であれば、大切にしようと思うのは当然のことです。
他の女性と共有する時間があったとしても「彼女だったらこうしてくれるな」と気配りできる彼女の良い面を見いだすこともできるでしょう。
彼ともっと親密な関係を築き上げたい場合は、気配りできることをアピールをするのも1つの選択肢に入れておくと良いかもしれませんね。

(4)自分の時間を配慮してくれたとき

『ひとりの時間も作ってくれて、ちょうどいい距離感が長続きの秘訣かも』(28歳/医師)

大好きな彼に構ってほしいと思うのは当然の感情です。
しかし、だからといって彼の考えを無視して自分の意見を貫き通すと「重い」「息苦しくなる」と捉えられてしまいます。

むしろ「たまには自分の時間が欲しいよね」と理解を示した方が、あなたの好感度は何倍にも膨れ上がるのです。
そう考えると、ベタベタするより一歩引いたほうが彼のハートを独占できるかもしれませんね。


男性が彼女のことを大切にしようと思う瞬間は、私たちの身近に多く潜んでいます。
大好きな彼との時間をより楽しく過ごすためにも、上記のポイントを意識してお互いの大切さを再認識してみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)