彼といつまでもラブラブでいるために、2人の間でルールを決めようと思うかもしれません。
ルールを決めるのはいいのですが、ルールのせいで2人の関係が壊れてしまうことも!
逆効果になってしまう決まりごと4選をご紹介します。

(1)毎日絶対連絡する

『毎日、毎日連絡するのは正直だるい』(25歳/飲食)

付き合い始めたころは、「毎日1回は必ず連絡を取り合おうね」と約束したくなるかもしれません。
帰宅してからでもいいし、寝る前でもいいし、毎日最低でも1回は声を聞きたいと思うでしょう。
しかし、お付き合いが長くなると「毎日絶対」というところが重荷になってきます。

毎日話すこともないし、疲れているし……とどちらかが面倒になってしまうとルールが破られてしまいます。
簡単な約束でも毎日絶対にとなると、縛られているようで嫌気がさすこともあります。
「できるだけ連絡しようね」くらいにしておいた方が負担にならないでしょう。

(2)2人の間で隠しごとはなし

『隠し事がないのはいいことだけど、知りすぎるのもな……』(29歳/コンサル)

「隠しごとは絶対ないようにしようね」という決まりを作るカップルも多いでしょう。
しかし、何でも話したために、疑わなくていいことまで疑ってしまうこともあります
隠しごとをしないためにスマホを見せ合うカップルもいますが、異性の名前を見つけるたびにあらぬ誤解を招くことも。

隠しごともしないですむならそれがいいですが、何もかも話さない方がいいことだってあります
そのかわり、できるだけ隠しごとをしなくていいような生活を送るようにしましょう。

(3)休日は一緒に過ごす

『そういう時間も大事だけど一人の時間が欲しい』(30歳/IT)

平日はお互い仕事だから「休日くらいは一日中一緒に過ごそうね」と約束するカップルもいるでしょう。
付き合い始めたころは、それでも窮屈には感じないでしょうが、だんだん自由な時間がないことに気づいてしまいます

そういえば最近趣味を楽しむ時間がなかったとか、友達と全然会ってないなど、自由に過ごす時間がないので、他の楽しみを失っていることに気づくでしょう。
彼と一緒に過ごすのもいいですが、休みはすべて彼と過ごすことに費やすと、会話にも新鮮さがなくなってしまいます。
お互いを束縛するような約束はやめておいた方がよいでしょう。

(4)毎晩LINEする約束

『毎晩LINEはすこし束縛のように感じるわ』(27歳/SE)

LINEしても返事がなかなかこないとつまらないので、毎日LINEの時間を決めておこうというカップルもいるでしょう。
しかし、時にはその時間に都合が悪い日も出てくるはず。
しだいに束縛されているような不自由さを感じるようになるでしょう。

頻繁にLINEするカップルが長続きするというわけではありません。
LINEが義務のようになると、だんだん面倒になってきます。


2人の関係を長続きさせるために作ったルールだったのに、そのルールのせいで窮屈に感じてしまうことがあります。
束縛し合うようなルールは作らない方が楽しく付き合えそうですね。
「毎日〇〇」というルールはやめておいた方がよさそうです。

(恋愛jp編集部)