今回は、セカンドへの格下げのきっかけとなった女性からのLINEを大公開。
彼との関係がうやむやになるのを避けるためにも、セカンドへと繋がる恐れがあるNGワードを事前に確認しておきましょう。

(1)重いワードを連発

『はい地雷女ーって感じですね』(27歳/公務員)

重い女性は「面倒くさい」「うっとうしい」という理由から、「絶対本命の彼女にしたくない」と男性から大不評。
特に「私のこと1番好きだよね?」「なんで連絡くれないの?」といった彼を問い詰める系のワードは好かれません。

他にも「好き?」と何度も聞いてきたり、昔の恋人の話を聞いてきたりするLINEも重い女性だと認識されてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

(2)いつもネガティブ

『励ますのって力使いません?一緒にいてつかれる……』(32歳/金融)

「どうせ」「だって」「私なんて」といったネガティブワードを頻繁に使用している女性も男性からは不評な模様。
「こっちまで暗い気分になる」「いつも相談ばかりは疲れる」という厳しい意見があったので、心当たりのある人は控えた方が良さそうです。

いつもは明るく振る舞い、ふと見せる落ち込んだ姿にグッとくる男性が多いので、相談事やネガティブワードはここぞというときに持ちかけるといいかもしれませんね。

(3)悪口や噂話

『なんか、性格悪って思っちゃいますね』(30歳/商社)

悪口や噂話は特に男性からの低評価が多いようでした。
「可愛くても性格ブスは無理」「つまらない」という意見が多かったので、悪口や噂話に関するLINEを送るのはやめましょう。

また、悪口や噂話と同様、愚痴も男性から好かれない傾向にあるので、意識しておいた方が良さそうです。
特に仕事の愚痴ばかり言う女性は「すぐ言い訳をしそう」「自己評価が異常に高そう」なんてイメージがあるようなので注意しましょう。

(4)自分の話ばかり

『うーん、付き合ったらこれをずっと聞かされるのかーって思ったら、絶対嫌だ』(34歳/広告)

「自分勝手そう」「一緒にいてもつまらなそう」「喧嘩になったら絶対に謝らなそう」なんてイメージから、自分の話ばかりする女性も本命から遠ざかってしまうようです。
男性は基本的に聞き上手な女性を好むので、むしろ彼に関する質問をLINEで投げかけてあげるといいかもしれませんね。

共通点や趣味の話題は盛り上がりやすいのでおすすめですよ!


自分では良かれと思っても、男性はそうとは受け取らないNGワードが多々あります。
今回の例を参考に男性が好まないLINEの内容は避け、彼の興味を引く話題で会話を盛り上げていきましょう。