サンタクロース、ツリー、イルミネーション……クリスマスには楽しいイベントが盛りだくさん。
街もウキウキとした雰囲気で、歩いているだけで楽しくなっちゃうスポットもあります。

しかし、そんな楽しいイベントがきっかけで別れるカップルがいることはご存じですか?!
もしかするとあなたもそうなるかもしれません。

ここでは「イベント前は要注意、別れを呼ぶクリスマストーク」についてみていきましょう。

(1)年内にけじめをつけたい

『クリスマスは私の親とディナーしない?とか言われたら、戦慄が走る!(笑)』(29歳/不動産)

クリスマスは12月25日、つまり年越しまであとわずか。
ということは、1年がそろそろ終わるということで、いろいろとけじめをつけておきたい事があるかもしれません。

そのけじめの中に、「恋人との関係」も含まれている可能性があります。
何か問題をかかえている恋人たちや、お互いへの愛情が薄れてきている恋人たちは、年内に関係を清算しようといった気持ちになるはず。
そして、新年を新しい気持ちで迎えたいと思うことでしょう。

しかし、その気持ちに押されて相手へ決断を迫ってしまうと、良くない結末にしかならないでしょう。
クリスマスをキッカケにケジメをつけさせようとする会話や行動には、要注意ということです。

(2)周りの賑やかさから孤立感

『一人で寂しくなって急に別れると言い出す……彼女あるあるだよな』(26歳/企画)

クリスマスは家族や恋人と過ごす人が多いでしょう。
しかし、せっかくのクリスマスにお仕事が入っていたり、遠距離恋愛などの何らかの理由で会えなかったりする人もいますよね。

そういった人たちは、街や人の賑やかなクリスマスムードから、寂しさを感じるかもしれません。
「友達たちはみんな恋人と過ごすっていうのに私はひとり……」といった感じで孤立感すらも感じるはず。
それが原因で、寂しさが急激に上昇し、「クリスマスに会えなくて寂しい」と言いたかっただけなのに、別れを切り出してしまう恐れがあるので要注意。

(3)期待が大きすぎる

『たったそんなことで別れてしまうなら、その程度の関係っていうことだよ』(23歳/販売)

クリスマスになると、特に女性は彼からのロマンチックなサプライズなどを期待しちゃいますよね。

「プレゼントはなにかな」
「ディナーはどこに連れていってくれるのかしら」
などなど。

しかし、その期待が大きすぎたせいで、相手に幻滅するといったスパイラルが生じる恐れがあります。
勝手に期待しちゃった自分が悪いとわかっていながらも、心踊るクリスマスじゃなかったとなると、険悪なムードになってしまい、お別れをするという事態になるかも。

(4)価値観の違いに気づく

『あんなに期待させておいて!と彼女に怒られた経験は多々ある(笑)』(26歳/会社員)

「クリスマスどうやって過ごそうか?」というトークを彼とできるのは幸せなことですよね。
「クリスマスだし、夜は外食しようか」と彼が言ってくれた時、あなたはどんなレストランを連想するでしょう。
きっと、チキンとワインで乾杯できるような、お洒落なレストランやカフェ……という感じではないですか?

しかし当日連れていかれたところは、食堂やファミレス。
となると、どうでしょうか?

また、プレゼントの値段がお互いにものすごい格差があった……などとなると、少し価値観の違いを感じますよね。
イベントは奮発する日でもありますし、いつもとは違う特別ことをする場合も多いはず。
その中で、「あれ?なんかちょっと価値観が合わないかも」と思うきっかけがあったら、2人の関係は危ないかもしれません。


いかがでしたか?
クリスマスは、楽しいイベントです。

大好きな恋人や家族と愛溢れる時間を過ごせると良いですね。
そして、最悪な思い出にならないように気を付けましょう。

(恋愛jp編集部)