好きな男性とLINEすることができたら、「次回もLINEすること」が重要なステップですね。
日常的にLINEをすると、恋人に近づいていく感覚が強まります。
そこで、今回は「またLINEをしたいと思わせる終わらせ方」を4つご紹介します。

(1)正直に「またLINEしようね」

『ほんわかするし、次もあるんだってなんか期待しちゃうかも』(27歳/事務)

「相手に追ってもらいたい」と思ったとき、様々な駆け引きの手段があります。
しかし、駆け引きより先に試したいのは正直に気持ちを伝えること。
男性は女性よりも「単純でストレートな表現」の方が受け入れやすい傾向にあるといえます。

「またLINEしたい」という気持ちを素直に伝えることで、LINEを楽しんでいたことが伝わるのではないでしょうか。
彼が「ちょっといいかも」と思ってくれていたら、追うためのハードルがひとつ低くなります。
また、こういった言葉は純粋に相手を嬉しい気持ちにしてくれる効果も。

(2)盛り上がったところで切る

『最後ダラダラと「歯磨いてる」とかどうでもいいことの報告会みたいになるとちょっとめんどくさい』(25歳/アパレル)

LINEで会話を切るタイミングも重要。
ついつい長時間LINEを続けてしまう人は、相手を飽きさせてしまう可能性があるので注意です。
連絡好きな男性は稀のため、LINEのしすぎは相手の負担になってしまします。

適切なタイミングは「話が盛り上がった後」のちょっと物足りないくらいです。
この際は、「明日早いから寝るね」などの自然な流れで切り上げましょう。
そうすることで彼の中では「楽しいワクワク感」が湧き上がる最中でイメージが固定されます。

(3)「また教えてね」で興味を伝える

『ちょっとマニアックな話してつまんないかもって思って不安だった時に「また聞かせてね」ってくると、楽しんでくれてたんだなってホッとする!』(28歳/SE)

LINE中に彼が趣味や仕事の内容を教えてくれたとき、自分の知らない情報も多いかも……
でも、知らない情報ほどチャンス
彼はその情報を良く知った女性よりも、興味を持って聞いてくれる女性に魅力を感じるのです。

そのため、LINEを切る際には「また教えてね」とか「また聞かせてね」という言葉を伝えるのがオススメ。
これは「あなたの話に興味がありますよ」というメッセージが伝わる表現。
彼の大好きな分野だった場合、他の人と大好きなものを共有できるのはとても嬉しいはずです。

(4)スタンプを活用

『じゃあ、今日はもう寝るねーって言葉のあとのスタンプがめっちゃ可愛い猫のゆるいやつで、一人で画面見ながらニヤニヤしてしまった』(26歳/営業)

彼との話を切り上げるのはちょっと寂しいですが、男女関係において「去り際」はとても大切
そんなとき便利なのがLINEのスタンプ。
スタンプを送ると一瞬で会話を切る雰囲気ができあがりますね。

このとき、とても可愛い渾身のスタンプを送るのです。
スタンプはメッセージを送る側の表情を代わりに表現するような役割。
「去り際」にとびきり可愛くて印象的な表情だと、その後も思い出してしまうはずですよ。


LINEを終わらせるときというのは、とても印象に残ります。
長引かせすぎると「疲れた」という印象が思い出されてしまうので注意が必要ですね。
ぜひ、素敵な印象で「またLINEしたい」と感じさせてくださいね。

(恋愛jp編集部)