モテる女性には理由があることがほとんどです。
今回はLINE上手なモテる女に注目してみました。
彼女たちが「絶対しない4つのこと」をまとめたので、ぜひご覧になってください。

(1)長文LINE

『長い割に何が言いたいのかわからなかったりしてめんどいなー』(28歳/企画)

男性からの評判が悪いのが「長文LINE」。
丁寧な文章だとしても、パッと見て並んだ文字が男性をウンザリさせてしまうのです。
モテる女は相手が見たときに苦痛を感じない長さで表現します。

もちろん、逆に短すぎても味気ない印象を与えてしまいますね。
モテる女は2~3行の中でも上手にメリハリを作っているのです。
「自分の気持ちを伝える」よりも「相手が返信しやすい内容」を心がけているといえます。

(2)既読スルーや未読スルー

『あんまり自分に興味がないんだろうなっておもってしまう』(27歳/総務)

これは男性にされても悲しくなることですね。
モテる女は決して「既読スルー」や「未読スルー」をしません。
返事が遅れた場合も丁寧に謝りを入れるはずですよ。

こういった「スルー」をしてしまうと、男性の「追いたい」という気持ちは一気にオフに。
それぐらい熱の冷めるきっかけになってしまう出来事なのです。
たった1回でもしないよう、注意する必要がありますね。

(3)すぐに返信

『こっちの返事をずっと画面見ながら待たれてたかもって思うとそこからはちょっと怖くなってしまった』(26歳/広告)

待ちに待ったLINEだとすぐに返信してしまいたくなりますね。
また、ちょうど暇だからすぐに返信するということもあるでしょう。
しかし、この「すぐに返信する」という行動には気を付けた方がよさそうです。

というのも、返信までの時間が速すぎると「ガッついている」という印象になってしまいます。
モテるLINEでは「同じ時間の間隔で返信する」と心地いいコミュニケーションになります。
それよりも早いと、男性は急かされている気分になってしまうでしょう。

(4)質問攻め

『最初はこっちも聞きたいことあったから良かったんだけど、しばらくしてからもずっと質問されっぱなしは流石にウンザリした』(31歳/証券会社)

LINEを継続したいと思うと、「質問する」という手段が考えられますね。
ところが、女性からの質問が一方的になると「質問」は「尋問」に感じてしまうようです。
それでは会話が続いても「仲良くなる」という大切な目的が達成されませんね。

適度な質問は相手を知る上で大切。
でも、ある程度相手の情報が分かったら、共感したり話題を振ったりする方が自然ですね。
不用意にディープな話題に踏み込まないのも重要です。


今回ご紹介したNGなLINEはいかがでしたか?
モテる女は男性に「頑張りすぎ」な印象を与えず、余裕を持ったアピールができます。
ところが、無関心でいるのではなく、ちゃんと丁寧に対応もする。
こういったバランスが男性を夢中にさせるのですね。

(恋愛jp編集部)