「男性が自分に好意があるかどうか」はとても気になる事柄だと思います。
ついつい何度も相手の言動を思い返してしまうことも。
そこで今回は「男が好きな人だけに送るLINE」の内容をお伝えしますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

(1)返事が遅くなったとき

『外せない用事で返事が遅くなった時は焦りますよね』(28歳/商社)

誰しも返事が遅くなってしまうことはありますね。
意中の相手を待たせてしまったとき、どんな風に感じますか?
「待たせて申し訳ない」とか「気がないと思われたくない」と焦るのではないでしょうか。

男性も同じように感じることが多いでしょう。
「なぜ遅れてしまった」のか理由を説明したり、「丁寧に謝る」場合はその気持ちが強いはず。
返事が遅くなったときの対応には、返すまでの間に相手の事を考えていたかが現れていますよ。

(2)共通点を見つけたとき

『同じ映画が好きだとわかった時にちょっと運命感じたりして』(27歳/営業)

好きな相手との共通点を見つけると、とても嬉しいですね。
「話題を広げるきっかけ」を掴むことができ、盛り上がることが多いのではないでしょうか。
だからこそ、共通点を見つけたときの反応には「仲良くなりたいか」という気持ちを見ることができるのです。

このとき、「話題への興味」よりも「共通点があることへの喜び」が強いか見てみましょう。
「一緒だね」とか「俺たち似てるね」といった言葉は特に親近感が表れていますね。
話題への関心が強いだけでも、これから好意に進展していく可能性は十分ありますよ。

(3)感情表現をするとき

『恥ずかしくていえないような事でも好きな人には素直に伝えられる』(30歳/医師)

LINEを続けていると、その日の出来事について伝え合うようになってきますね。
また、過去の経験の話をすることも。
そんな時に自分の感情を表現する言葉がどれくらい入っているか見てみましょう。

人は好きな人に「感情を共感してほしい」と感じるもの。
「楽しかった」「嬉しかった」「悲しかった」「寂しかった」「辛かった」。
こういった感情を出来事とともに教えてくれる場合は、あなたと共有したい理由がある気持ちの表れです。

(4)何気ない気遣いがあるとき

『仕事で遅くなった時なんかは家までちゃんと帰れたかなって心配になりますよね』(31歳/商社)

好きな相手だからこそ「気遣い」は生まれるもの。
そのため、女性を気遣うLINEが来た場合はその分、思いやりが強いと判断していいでしょう。
「無事に帰れた?」や「寒くなかった?」など配慮は、優しさを感じられますね。

それ以外にも「楽しみにしてるね」や「がんばろう」のようなポジティブな気遣いもあります。
「彼女のモチベーションをあげて快く過ごしてもらいたい」という思いやりが隠れています。
マメな気遣いには「彼女を支えたい」という男性らしい責任感も感じることができますね。


いかがでしたか?
意中の男性とLINEするだけでもとても嬉しいですが、脈アリかもしれないとさらに幸せな気分になれますね。
今回の項目に当てはまった場合、男性にとって「特別」な存在である可能性は高いはずですよ。

(恋愛jp編集部)