「脈あり」を判定する方法はたくさんありますね。
今回は男性から送られてくるLINEの内容から「脈あり」サインを探ってみようと思います。
当てはまるものが多いほど、「脈あり」といえますよ!

(1)しっかりと話題に答える

『どうでもいい相手の話ってどうしても「そうなんだ」って返しちゃうよね』(27歳/飲食)

こちらから送ったメッセージに対してしっかりと文章を返してくれる男性は「脈あり」の可能性があります。

興味のない相手には「そうなんだ」や「なるほど」といった言葉のみで返信しがちなのです。
そのため、「具体的な内容」が文章で表現されているかどうかが重要。

とりわけ「自分はどう思うか」という意思を伝えてくれる場合も脈ありの可能性は高いです。
なぜなら、相手の価値観としっかり向き合おうとしているから。

気のない相手の場合「他人がどう思っているか」や「自分がどう思っているか」に関心は向きにくいでしょう。

(2)自分の話をする

『好きな子には自分を知って欲しくて時々長文送っちゃったりする』(29歳/インテリア)

自分のことを良く話す男性がいますね。
もちろん「そもそも自分の話をしたい性格」というのもあります。
しかし、多くの場合は「自分のことを知って欲しい」という欲求が隠されているでしょう。

好きな女性には自分のことを話し、カッコいいと思ってもらいたいもの。
そのため、男性が自分のことを話すときは、とことん丁寧に聞いて褒めてしまいましょう。
脈ありからさらに発展するきっかけになるかもしれませんよ。

(3)質問をする

『気になる子とはLINEの流れが終わらないように質問で延ばしたりします』(26歳/輸入)

これは恋愛の序盤で特に見られる脈ありサインでしょう。
「話題を広げたい」とか「共通点を見つけたい」と思ったとき、自然と質問の回数が増えます。
そのため、質問が多いほど女性と関わりたいという想いが読み取れるのです。

彼がその後の会話をしやすくなる受け答えができると、さらに盛り上がるはず。
また、「LINEを終わらせたくない」という心情から疑問形が続くという傾向もあります。
そんな風に思ってくれたら、とても嬉しいですね。

(4)男性から連絡がくる

『待つのはいやだから僕から連絡します。ぼーっとしてたら他の誰かに取られちゃうもんね』(25歳/歯科医)

男性発で連絡が来る場合も、分かりやすい「脈あり」サインです。
そもそも男性は連絡不精になりやすいもの。
そのため、わざわざ連絡するということは「動機」になる感情があるはずなのです。

具体例を挙げると「相手と関わりたいから」とか「相手に好きになってもらいたいから」。
そういった理由があって「連絡する」という行動に移しているはずですよ。
連絡がきたときは嬉しさが伝わるように返信すると効果があるでしょう。


いかがでしたか?
男性はなかなか簡単に「好き」と言葉にしないから、判断が難しいこともありますね。
でも、男性は行動に気持ちを反映させていることが多いので、じっくり観察してみてください!

(恋愛jp編集部)