あなたは男性がいつでもエッチをしたいと思っていませんか?
実は、男性にはエッチがヤリたくなるタイミングやきっかけというものがあります。

今回は実際に男性に聞いた「ヤリたくなる時」をご紹介します。

(1)性欲が溜まっているとき

『だから彼女がいないときは必ずセフレいます』(23歳/ライター)

当然といえば当然ですね。
仕事が忙しかったり、疲れていたりしてなかなか性欲を発散できずに溜まっているとき、男性はヤリたいと感じます。

特に、20代や30代の若い男性は性欲が強く溜まりやすいため、衝動的にエッチがしたくなるもの。
もちろん、女性にも性欲がありますが、男性の性欲の方が溜まるスピードや求める頻度が多いため、「男性はいつもヤリたがっている」と感じるのです。

(2)抱きつかれたとき

『胸の大きい子に抱きつかれてしまったら、もうそのことが頭から離れなくなる(笑)』(25歳/営業)

女性の体は男性と比較すると小さく柔らかいもの。
抱きつくことで体温や、匂い、柔らかさが相手に伝わり、体の接触を鮮明にイメージさせます。
もちろん、そんなイメージをしてしまったらムラムラしてヤリたくなってしまうのも無理はありませんね。

海外ではメジャーな行為であるハグも日本国内ではまだまだ一般的ではありません。
ハグを親愛の証だと思っていても相手を選んだ方が良いでしょう。

(3)無防備な姿を見たとき

『女友達でもヤバイときあるもんね』(31歳/広報)

ベッドで眠っている姿はもちろん、酔っぱらっている姿やチラ見えしてしまった胸の谷間など、女性の無防備な姿に弱い男性は多いです。

普段のしっかりとした女性の姿とは違い、ちょっと抜けたような自然な表情オフの姿やエッチの時の表情を想像してしまうのです。

さらに、そんな女性の隙だらけの姿を見るとムラムラしてヤリたくなるだけではなく、エッチないたずらを仕掛けたくなります。
中には、「今ならヤレるかな?」と押し倒したくなっちゃう男性もいるので無防備な姿をさらすときは注意が必要。

(4)良い香りがしたとき

『お風呂上りの香りがしたら、思わずウズく(笑)』(29歳/管理)

女性らしいふんわりと甘い優しい香りにドキドキしてしまうという声も多いです。
嗅覚は五感のなかで最も脳に近い感覚で、男性にはない甘い香りに「女性」という存在を強く意識するようになります。

本能レベルで女性を感じたらヤリたくなること間違いありません。


いかがでしたか?
今回ご紹介した以外にも、「自分好みの女性を見つけたとき」や「エッチな出来事を思い出した瞬間」など様々なシーンでヤリたくなるそうです。
もしも今、あなたが男性に「誘われたい!」と思っているのならぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)