LINEだと普段言えないことも気軽に発言できたりしますね。
しかし、時には男性からすると「重たすぎる」と感じるメッセージもあります。

どんなLINEメッセージが男性を困らせてしまうのかまとめたので、見てみましょう!

(1)シリアスなダメ出し

『ハッキリ言ってもらった方が後々良いこともあるけどね』(28歳/美容師)

告白をするとき、「直接言うよりもハードルが低い」という理由でLINEを用いる場合があります。

LINEでの告白が効果的なことも実際ありますね。
しかし、手軽に伝えられる反面、彼に「欠点」を伝える場合は慎重になる必要。

文字には表情がないため、言葉の意味がダイレクトに伝わるのです。
いい意味でも、悪い意味でも効果は絶大。
だからこそ、必要以上にネガティブな意向が伝わり、彼も参ってしまうかも。

(2)長文メッセージ

『女子あるあるだよね……』(24歳/飲食)

女性は男性より丁寧で文学的な思考を持ちがち。
そのため、結果的に長文メッセージの送信へと繋がってしまいます。
ところがLINEは長文向きのツールとはいえません。

スクロールが必要な長さの文章は特にNG。
スクロールするという動作自体が「長い」と思うきっかけになってしまいます。

また、「文章の要点を読解する」という作業を男性にさせてしまう点でも、相手にとって負担。
送信する時点で、要点をおさえた簡潔な言葉を選ぶ方が良い結果を生むでしょう。

(3)愛情表現

『好きだから付き合ってるんだけどね、女の子ってなんで聞いてくるの?』(25歳/アパレル)

LINEで交わす愛情表現は、会っているときとはちょっと違った楽しみがありますね。
離れていても愛を感じて嬉しい気持ちになります。
ところが、行き過ぎた愛情表現はNGになってしまうことも。

例えば相手に「好き」や「愛してる」といった反応を求めること。
LINEしている相手がどんな状況でどんな心情なのか、実際に会ってみないと分かりませんね。

タイミング良く同じ気分になっている可能性は低く、ギャップを感じたり無理をする場合が出てしまいます。

(4)重たい過去や将来

『直接会って話そう?(笑)』(31歳/看護士)

信頼関係を築いている相手ほど、どんな自分も受け止めてほしいと思うもの。
過去の辛い経験や、将来の話……恋人であればなおさら、共有したいと思いますね。
でも、これをLINEで伝えるのはNG

こういったシリアスな話は、聴き手は非常に神経を使います
話す相手の表情や様子を読み取りながら、慎重にちょっとずつ受け止めていくものです。

LINEではそういったステップが省略されている分、相手の無防備な状態に唐突に投げ込んでしまいかねます。


いかがでしたか?
当てはまるものがあった場合、少し控えてみた方がいいのかもしれませんね。

LINEは相手にも自分にも負担をかけすぎない適度な連絡手段だと、より仲を深めるきっかけになるのだと思います。

(恋愛jp編集部)