気軽にやり取りができるLINE。
だからこそ、相手を不快にさせないように気を付けたいですよね。

もしかしたら、気になる男性から返信が来なくなってしまうようなLINEを送ってしまっているかも?!

今回は、男性が返信しにくいLINEの内容をいくつかご紹介します。

(1)1日の予定をLINEしてくる

『朝から知りたくもない情報いらないなあ』(32歳/金融)

「今日は○○に行くよ」や「今日は○○しなきゃいけないの」など朝にLINEで一日の予定を送られるとどう返信したらいいか迷う男性が多いようです。

「頑張ってね」としか返信のしようがないため、毎日送られると返信がめんどくさくなるとか……。

毎日の一日の予定を報告するのは避けましょう。
もし、伝えたいなら具体的な話にもっていき男性が「頑張ってね」以外にも返信できるような内容にして。

(2)愚痴が多い

『負の内容って文字になるとなんか余計に重苦しいんだよね。いっつもそればっかりはキツい』(25歳/営業)

女性は男性と違い、結果が欲しいわけじゃなく話しを聞いてもらいたい、愚痴を言いたい、ということもありますよね。

話したいときは「どうしても話したい」というときだけにしましょう。
あまりに愚痴がおおいと、我儘だな、自己中心的だなと思われてしまうかも。

男性にも生活があり、疲れているかもしません。
そんなときに愚痴ばかりのLINEがきたら既読スルーしたくなってしまいます。
聞いてほしい気持ちはわかりますが、聞いてもらう相手がどう思うかも考えてLINEしましょう。

(3)何を言っても「だって……」と返信してくる

『結局は自分が正しいとおもってるんじゃん』(28歳/公務員)

男性は「結果」を重視します。

一方、女性は聞いてもらいたいだけの時が多くあると思います。
悩みを打ち明けて男性が考えた結果にたいして「だって……」と返信をするのは注意!

「だって……」はせっかく考えてくれた結果を否定してしまいます。
色々考えて男性の意見を答えたのに、いつもいつも「だって……」と否定されたら男性も返信するのが嫌になってしまいますよね。

そんなときは必ずお礼と男性の意見を肯定する返信を送りましょう。

(4)完結して話が広がらないLINE

『LINEですら楽しくないって相性悪いなって思うよね』(29歳/歯科医)

男性側から質問を投げかけてくれたLINEにたいして、答えるだけでは全く話が広がりません。
これでは、男性に「LINEやめたいのか?」「会ってもこんな会話なら楽しくないな」と思われてしまいます。

質問をしてくれたら、答えを詳しく話して別の話題に広げるようなLINEをしましょう。
もしくは、質問を返すのもいいですね。
一つの会話からたくさんの話題に男性が広げられるような返答を意識するのがポイント!


LINEは短文も長文も気軽に会話しているかのように楽しめます。
ですが、顔が見えないぶん注意は必要です。

ポイントは文面からLINEをしているのが楽しいという雰囲気をだせること。
相手も自分も楽しめるLINEを心がけて!

(恋愛jp編集部)