今回は男性が「彼女とは相性が合わない」と思わず感じてしまう瞬間を徹底解明!
男性は女性のどんな面を見たときに「合わない」と思ってしまうのでしょうか。
さっそく気になる詳細を覗いていきましょう。

(1)金銭感覚が違ったとき

『ベットボトルはコンビニだと高いからダメってすごい勢いで怒られてなんか冷めちゃった』(27歳/商社)

金銭感覚が違うと自然と相手に気を使うことが多くなるので、デートを心から楽しむことができなくなってしまいます。
また、金銭感覚の不一致は将来を考える上で大きな障害となるでしょう。

そのため、金銭感覚が一致しないと彼女に不満を抱くケースが多いようです。
「あればある分だけお金を使ってしまう彼女に嫌気がさした」という一方で「缶コーヒーを買っただけで勿体ないと怒られて嫌だった」なんて意見もあります。

「彼と金銭感覚が合わない」と不満を感じたら、相手も同じことを思っている可能性が高いので注意!

(2)食の好みが違ったとき

『彼女の好き嫌いが激しくて、将来手料理もきっと彼女の好きなものだらけになるんだろうなって不安になった』(30歳/デザイン)

人間が生きていく上で欠かすことのできないものの1つが食です。
好きなものや苦手なものがあるのは当然ですがそれがあまりにも合わなかった場合、不満へと変わってしまうケースが多いでしょう。

デートの際に気を使ったり、将来の食卓を心配したりという点は金銭感覚と少し似ているのかもしれません。

食の好みが異なる彼と外食する場合はカレー屋、ラーメン屋というような食べるものが限定される店はなるべく避けることをおすすめします。

和・洋・中が揃っているファミレスやフードコートなんかを選択すると、お互い好きなものが食べれて楽しいひと時が過ごせるかも。

(3)連絡のペースに疑問を抱いたとき

『彼女が毎日連絡しないと着信とかめっちゃ入れてくるからだんだん疲れてしまって別れました』(28歳/企画)

恋人とどのくらいのペースで連絡を取りたいかは人それぞれですよね。
「毎日連絡を取りたい」という人もいれば、「連絡は週1回でもいい」なんて人もいます。

しかし、そのペースが相手のペースと一致しないとストレスを感じてしまうようです。
お互いが譲歩し合って2人が納得できるベストなペースを見つけましょう。

(4)体の相性が悪かったとき

『セックスに対する積極性とかが違うと体の相性も悪く感じるし楽しくなくて続かないよね』(30歳/SE)

セックスはお互いの愛情を再確認できる最高のコミュニケーションです。
そのため、体の相性が悪いと関係がギクシャクしてしまうことも……。
しかし、「体の相性なんてどうしようもない」という声もあります。

そんなときはシチュエーションを変えてみたり積極的になったりするとGood!
体の相性をカバーするためのプラスαを見出しましょう。


大好きな彼に「相性が合わない」なんて絶対に思われたくないですよね。
しかし、環境によって大きく左右される好みや価値観の違いを嘆いても仕方ありません。

譲れる部分はお互いに譲って、それぞれの良い部分に着目すると、ちょっとしたすれ違いなんて気にならなくなるのではないでしょうか。

(恋愛jp編集部)