彼の浮気を予防できる言葉があるとしたら、ぜひとも知りたいですよね。
今回は、男性が思わずドキッとしてしまう浮気予防ワードをこっそり紹介していきます。

(1)「浮気したら別れる」

『裏切って別れることになるのだけは嫌だからあまり女性に近づかないようになる』(27歳/飲食)

浮気をしたら別れるという明確な未来図を相手に突きつけることは、非常に強力!
彼に「今の生活がなくなる」「見放される」と連想させることができれば、浮気へ足が向く確立は自然と下げることができます。

「彼なら大丈夫」と根拠もない自信は出さず、ときには厳しく彼に釘を刺しておきましょう。

(2)「信じてるからね」

『頭のどこかにこの言葉が残ってるから危ないときもストップかけられるよね』(27歳/総務)

「いつもありがとう」「大好き」などといった愛情のある言葉は、浮気を予防する上でとても効果的!

こんなにも自分のことを想ってくれている人がいるにも関わらず浮気をする……通常であれば、この罪悪感に耐えられない人が大半を占めます。

とくに「信じてるからね」という言葉は、信じる健気さと愛情をアピールできるのでおすすめ。
彼の言動に少しでも怪しさを感じたら、この言葉を用いて早期的に対策をとりましょう。

(3)「私勘が鋭いってよく言われる」

『知ってて言ってるのかわからなくてすごい緊張します』(31歳/営業)

男性はうまく隠せていると思っていても女性からみるとバレバレ……こんな経験ありませんか?
女性は勘が鋭いといわれており、ちょっとした変化に気づくことにも長けています。
もちろん、浮気も例外ではありません。

そのため、「私勘が鋭いってよく言われる」という言葉を使うだけで男性をドキッとさせることができてしまうのです。
浮気とは行かずとも、何かやましいことがあれば変化が出るのも時間の問題。

ときには自分の勘を信じて彼に伝えると、「知らぬ間に浮気を防止できていた」なんてことが後々になって分かるかもしれませんね。

(4)「○○をしたら浮気だと思ってるからね」

『男ってずるい生き物で、気持ちは動いてないからなんて言い訳を自分にするから、キッパリと境界線をひかれていれば言い逃れできないし抑止力になると思う』(28歳/映像)

浮気の境界線は人それぞれですよね。
異性と2人っきりになったら浮気、手を繋いだら浮気、チューをしたら浮気なんて例をあげたらキリがありません。

実はこういった境界線は付き合っても曖昧にしているケースが多く、2人で話し合う機会を設けない傾向にあります。

線引きをしっかり行えばいざそういったシチュエーションに陥りそうになった場合、あなたの言葉を思い出して思いとどまってくれるかも。

浮気の境界線をはっきりさせて、「これをしたら浮気」という明確な答えを植え付けましょう。


浮気をしてほしくないからといって、相手を縛り付けてしまうと逆効果になる恐れがあります。
効果的なワードを使って、自然と男性が浮気を思いとどまる環境を整えましょう。

(恋愛jp編集部)