大好きな彼とエッチをしたあと、まったり…とゆっくりする人が多いですよね。

でも、1回だけじゃ物足りない!なんていう女性も少なくはありません。
そんなときは、男性をもう一度興奮させる必要があります。

そこで今回は、2回戦に突入したくなる事後テクをご紹介します!

(1)まったりした後を狙う

『1回エッチをしても、ちょっと落ち着いたころに誘われたら、ムクムクと元気になる』(24歳/IT)

あなたが上手に刺激をすることで、多くの男性は2回戦に突入することができます。

まず、1回目のエッチが終わったら、男性が少し冷たくなることがあるでしょう。
これは、射精をしてスッキリとして、男性特有の時間に突入しているのです。

この時間帯に、2回戦を誘うのは避けること。

射精後冷たくなった男性が、また普段の態度に戻ったときがポイントです。
数分~数時間でほとんどの男性は回復するでしょう。

(2)イチャイチャを続ける

『エッチをしたあとも、太ももとか触られたりしたら、2回戦したいと思う』(30歳/営業)

1回目のエッチが物足りなかった……と感じたら、男性をまたその気にさせてみましょう。

2回戦に突入したいときは、自然な流れでもっていくことがポイント。
1回目のエッチの後に、いきなりおねだりされても、男性はそんな雰囲気にはなれません。

なので、エッチが終わったあとも、自然とスキンシップを心掛けてみましょう。
太ももあたりを触ってみると、男性はまた元気になってきますよ。

(3)1回目で物足りなさを感じさせる

『1回目のエッチがちょっと不完全燃焼だと、自然に2回戦したくなる』(27歳/広報)

時間をたっぷりかけて、体力も全部使いきってしまうと、男性は2回戦に突入できません。
やりきった感じがあると、2回戦に突入する気持ちもなくなるでしょう。

なので、2回戦に突入したい場合は、ちょっと早めにイカせてあげること。

男性が思っているよりも早く終わらせると、男性は物足りなさを感じるのです。
ただし、男性の回復力やその日の疲れなどにもよるので、観察してみてくださいね。

(4)時間があるかをチェックしておく

『ゆったりとできる時間がないと、やっぱり気分的にも2回戦はなかなかできない』(31歳/不動産)

エッチは、焦ってすると気持ちよくないですよね。

そのため、気分的にも時間的にも余裕がないといけません。
男性も時間などは意外と気にしているので、時間に余裕があるかをチェックしましょう。

ラブホだったら、チェックアウトの時間を考えること。
家でまったりしていても、彼の次の日の予定などを聞いておきましょう。


いかがでしたか。
2回戦に突入したいときは、まずは自然に男性を元気にさせる必要があります。
そして、時間や気持ちに余裕がもてるようにスケジュールなどは把握しておいてくださいね。

(恋愛jp編集部)