今回は恋愛がどんどん遠のいてしまうNG口癖を大公開!
男性は一体女性のどんな口癖を苦手としているのでしょうか。
早速その全貌を明らかにしていきましょう。

(1)「違う」「だめ」

『そんな下向きな言葉じゃなくて明るい言葉使ってほしいな』(27歳/銀行)

否定系のワードが口癖の女性を苦手とする男性は、非常に多いようです。
「話す気が失せる」「視野が狭そう」なんて意見があったので、注意しましょう。
否定し続けるのではなく肯定できる部分もしっかりとピックアップしてあげると、また印象が違ってくるかもしれませんよ。

(2)「ていうか」「聞いて」

『自分の話ばかりで退屈だな……』(24歳/人事)

話を遮ってくるイメージが強いためか、上記の口癖を好まない男性が多いようでした。
基本的に男性は聞き上手な女性を好むので、自分の話ばかりする女性に対して苦手意識があるようです。
「自分の話をしたい」という気持ちも分かりますが、男性が話し始めたらまずはしっかりとその話に耳を傾けましょう。

(3)「でも」「どうせ」

『なんで否定的なことしか言えないの?』(28歳/コンサル)

「でも」「どうせ」を始めとするネガティブワードも恋を遅らせるNG口癖です。
「フォローがだるい」「毎回だと面倒くさい」という声が多く、自然と男性との間に壁を作ってしまいます。

確かに万が一のことが頭をよぎってしまう気持ちも分かりますが、一歩踏み出すだけで状況が一変することはたくさんあります。
いきなりポジティブな考えをするのは難しいので、まずは服装や髪型を変えて形から入ってみるといいかもしれませんね。

(4)「ブス」「嫌い」

『思うことはあっても口には出さないで欲しいな……口癖のようにポンポン言われると少し引いちゃう』(23歳/美容師)

女性は同性への評価が厳しい傾向にあります。
そのため、自分よりも劣っている女性や苦手とする女性に対して黒い気持ちが渦巻くこともあるでしょう。
ときにはその感情を抑えることができず、「ブス」「嫌い」といった中傷ワードをつい発してしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、そういったワードが口癖の女性は男性はもちろん同性からも好かれません
たとえ気になる彼とうまくいっていても、その一言のせいで関係が破綻してしまう可能性も十分あります。
中傷ワードが頭に浮かんでも決して口に出さず、自分の中だけにそっと留めておきましょう


今回紹介したワードは、男女関係なく一度は口にした機会があるという人が多いのではないでしょうか。
しかし、そのワードが口癖になってしまうと修正するのは大変です。
普段から相手を不快にさせるような言葉は使わないように意識して、愛され女性を目指しましょう。

(恋愛jp編集部)