モテる女性は男性に送るLINEも上手です。
そんな男心を掴むのが上手な女性のテクニックを身につけてみませんか?
彼に送りたい愛されLINE4選をご紹介します。

(1)既読スルーしない

『忙しいときに、後でゆっくりお返事するね!って言ってくれる子はポイント高いですね』(27歳/歯科医)

既読がついているのになかなか返事がこないと、相手からあまり大事にされてないような気持ちに。
すぐに返事ができない事情があることはわかっています。

しかし、愛される女性は相手への気遣いができますので、既読をつけたらできるだけ早く返信するように心がけてきます。
もしすぐに返信できないなら既読を付けないという配慮ができます。

LINEはすぐに返信しないというテクニックもありますが、相手を不安にさせないように気遣いできる女性に男性は心を掴まれます。

(2)文章は長すぎず短すぎず

『気軽に送れるのがLINEの良いところだと思うから、長い文章はちょっと億劫になるな』(31歳/商社)

男性が苦手なのが、長文のメッセージです。
長すぎると読むのが面倒になり、返事も後回しになる可能性があります。

しかし、1回に送る文章が短ければいいというわけではありません。
短すぎると会話が続かず、中途半端なところで返信が途絶えてしまうかもしれません。

愛されLINEは文章が長すぎず、短すぎないものです。
2~3行程度なら読みやすく、会話も続きやすいでしょう。
LINEのやりとりをなるべく長く続けたいなら、メッセージの長さにも注意しましょう。

(3)相手の名前を入れる

『文字だけなのに、名前を入れられただけで急に親近感がわくんだよね、不思議と』(26歳/輸入)

メッセージに「〇〇くん」と相手の名前を入れるのも愛されLINEの秘訣です。
普段の会話でもそうですが、LINEでも自分の名前を呼びかけられたら、親しみがわきますよね。

まだあまり親しくない相手なら名字でもいいですが、ある程度親しくなってきたら下の名前の方が効果的です。
名前を入れなくても話は通じますが、あえて呼びかけるようにして、男心を掴みましょう。

(4)彼の興味がある話をする

『女の子なのに車の話とか頑張ってしてくれてる時って、なんか可愛いなあって思う!』(27歳/営業)

彼ともっと仲良くなりたいからといって、自分の話ばかりをするのはNG。
自分のことを知ってもらうのも大事ですが、自己主張が強い女性だと思われてしまいます。
それよりも彼の興味がある話を振って、男心を掴みましょう。

自分の好きなことに興味を持ってもらえたら、彼だって嬉しいはず。
もし彼の趣味が自分と一緒なら、共通点として話が盛り上がるでしょう。
自分にとってあまり詳しくない話題なら、彼に教えてもらうようにしてはいかがでしょうか。


いかがでしたか?
駆け引きなしでもほんのちょっとの工夫で男心を掴むことができます。
彼が嬉しくなるようなLINEを心がけましょう。

(恋愛jp編集部)