同棲すれば好きな人と毎日一緒に過ごせて幸せ!
そう思ったら、実際はいいことばかりではないようです。
同棲のメリットとデメリットをご紹介します。

(1)好きな人と過ごせる時間が長い

『ドキドキは最初だけだけど、毎朝顔が見れるから今までよりお互いを思いやれるようになったよね』(26歳/営業)

同棲の1番のメリットは、好きな人と朝も夜も会えるということ。
一緒に暮らしていなければ、職場が一緒でない限り毎日は会えないでしょう。
休みが合わなくて、なかなか会えないカップルもいますが、同棲すれば毎日一緒にいられます。

しかし、毎日一緒にいられるということにはデメリットもあります。
一緒に暮らすと相手の嫌な部分なども見えてきます。
カッコいい彼も、意外とだらしなかった……なんてことがあるかもしれません。

また、一緒にいることに慣れてしまうため、同棲前のようなドキドキ感は少なくなります。
穏やかで落ち着いた関係を望む人にはメリットとなるでしょうが、恋愛を楽しみたい人にとってはデメリットとなるでしょう。

(2)お金について

『俺の方がたくさん家にお金入れてるのに、たまの趣味の買い物も無駄遣いって怒られて、なんかちょっと合わないかもって思った』(26歳/事務)

結婚を意識しているカップルにとって、2人が別々に独り暮らしをしているのは不経済に感じてしまうでしょう。
2軒分の家賃を払うくらいなら、一緒に住んで節約し、結婚資金を貯めたいと思いますよね。

2人で住むことで、家賃だけでなく光熱費や食費なども節約になるので、同棲にはお金を節約できるというメリットがあります。
しかし、同棲するとお金の問題でけんかになってしまうこともあります。

2人とも仕事をしているなら2人で生活費を負担することになりますが、どちらかの負担が大きかったり、節約に対する意識に差があったりすれば、お金の問題でもめてしまうでしょう。
節約は大事ですが、節約を意識しすぎで2人の関係にヒビが入るということは避けたいですね。

(3)結婚について

『子どもを急いで欲しいわけじゃないから、結婚ってゆう形にしなくても今の生活で十分って思っちゃうんだよね』(31歳/アパレル)

結婚前に同棲しておくと、結婚生活を体験することができます。
一緒に住むことで、これまで気づかなかったことが気になるようになるかもしれません。

結婚して「こんな人とは思わなかった」と思っても簡単に関係を解消することができません。
結婚前に同棲しておくことで、長い結婚生活を一緒に送れる相手か見極めることができるというメリットがあります。

しかし、同棲によって、「プロポーズのタイミングがわからなくなった」という人もいます。
同棲は結婚生活と同じような生活ができるので、それで満足してしまうのでしょう。

相手の親や親戚との付き合いなどがないので、結婚より楽に思えてしまう人もいるようです。
同棲することによって結婚が遅れてしまうというデメリットもあるようですね。

(4)不自由を感じることも

『距離が近すぎて、だんだん遠慮とかもなくなるしね。時々一人になりたいなってときもある』(33歳/SE)

好きな人とずっと一緒にいたいから同棲を始めたのに、しだいに不自由を感じる人もいます。
友達と遊びに行っても、相手が家で待っていると思うと遅く帰りにくいでしょう。
束縛されているように感じることもあります。

また、けんかをして一人で過ごしたい時でも、同棲していればそういうわけにはいきません。
一緒に住むということは、一人の時間が少なくなってしまうというデメリットも知っておいた方がよいでしょう。


いかがでしたか?
楽しい同棲生活にはメリットだけでなく、デメリットもあるようですね。
安易に同棲を始めず、デメリットについても理解してから検討した方がよさそうです。

(恋愛jp編集部)