大人っぽいコーデがしたいけど、童顔だから……と諦めていませんか?
童顔でも、色気のある大人っぽいコーデは可能です。
しかし、急に大人っぽいコーデをしようと思っても、何を選んだら良いか分かりませんよね。

そこで今回は、童顔女子でも色気が出せる「大人っぽモテコーデ」を、紹介していきます。

(1)ニットセットアップ

『可愛い系の人が少し大人っぽいファッションをしていると、ギャップ萌えする』(28歳/SE)

落ち着いた上品さと可愛さが残る、ニットセットアップなら、無理なく大人っぽくイメチェン可能。
セットアップは大人っぽく見える上、ニットは女性らしいシルエットを作ってくれます。

急に大人っぽくするには抵抗がある人にオススメ!
可愛らしい要素も残るので、少し大人の色気を足すイメージ。

ベージュなら落ち着いた洗練されたイメージに、カーキならカッコイイ大人の雰囲気がでます。
小物やアウターで色気を調節できるので、使いやすいアイテムですよ。

(2)ざっくりニット×スキニー

『ラフなのにカッコいいって大人っぽい』(26歳/広報)

ラフな雰囲気を残しつつ、大人のカッコ良さを出せるのが、ざっくりニットとスキニーのコーデ。

ニットは女性らしい色気がでるモテアイテム。
丸襟よりもVネックのほうがシャープなイメージになります。

トップスにボリュームがあるので、ボトムスはすっきりとしたスキニーでまとめてみて。
足元はヒールがオススメです。
小物はシンプルにまとめると、より大人の洗練された雰囲気になりますよ。

(3)とろみシャツ×トレンチスカート

『大人の色気って露出じゃなくて、上品さだと思う』(30歳/証券)

甘めになりがちなとろみシャツも、トレンチスカートなら、キッチリと引き締めてくれるもの。

シャツは大人っぽく仕上げることができますが、パリッとしたシャツでは、童顔女子には少し違和感がでるかも。
とろみシャツならば、甘さも残しつつ大人の色気を演出できます。

トレンチスカートがとろみシャツの甘い部分を、上手にカバー。
ミモレ丈かロング丈がオススメです。
色は、こっくりとした秋色を選べば、グっと大人っぽさがでますよ。

(4)秋色リブニット×タイトスカート

『タイトスカートが嫌いな男子はいないと思うよ』(33歳/公務員)

大人っぽい秋色のリブニットは、甘くなりすぎないニット。
タイトスカートで大人の色気を出せば、童顔女子でも大人女子に変身。

タイトスカートは、ウエストマークできるものが、より大人感がでます。
流行りのチェック柄なら、落ち着いた雰囲気を残しつつ、遊び心があるコーデに。

秋色ニットは、ボルドーやマスタードなどの深みのあるカラーがオススメ。
色を落ち着かせるだけでも、大人の雰囲気が出せますよ。


童顔だからと、諦めてしまっては勿体ない!
とことん大人っぽくするのではなく、童顔に合う可愛らしさも残しながら、大人の色気を足すことが大切です。

いつものアイテムに、少しずつ大人っぽいアイテムを足していくと、上手にコーデできますよ。

(恋愛jp編集部)