長続きするカップルもあれば、熱しやすく冷めやすい短命カップルもいます。
それぞれのカップルは、LINEの内容にも違いがあるみたいですよ。
長続きカップルと短命カップルのLINEの違い4選をご紹介します。

(1)LINEの頻度

『毎日やりとりするのは精神的にも疲れる』(29歳/製造)

LINEをやり取りする頻度が高いのは、短命カップルです。
毎日頻繁にLINEして、細かなことまで報告するようなカップルは長続きしない傾向があるみたいですよ。

一方、長続きするカップルは、頻繁にLINEのやり取りをしていません。
用事があるときだけLINEするくらいの方が、2人の関係は長続きするようです。
好きすぎて毎日何回もLINEしてしまうという人は、注意した方がいいかもしれませんね。

(2)返信のスピード

『早く返事しないと催促されるようでは、この先続かないと思う』(31歳/公務員)

長続きカップルと短命カップルでは、返信のスピードにも違いがあるようです。
短命カップルは、お互いに返信が早い傾向です。
そのため既読がついているのに返信が遅いと怒ることもあります。

一方、長続きカップルは返信が遅い場合も多いです。
しかし返信が遅いからといって怒ったりすることはありません。
返信を催促したりすることなく、気長に待つことができます。

長続きカップルは、LINEの頻度が少ないだけでなく、返信もゆっくり。
お互いのペースを尊重してあげられるので、長続きするのでしょうね。

(3)LINEの内容

『特に用もないのにLINEされるのが苦手』(25歳/金融)

長続きカップルは、必要なことがあるときにLINEします。
たとえば約束の確認など、用事があるときにLINEしますので、やや事務的になるときもあります。

一方、短命カップルは、特に用がなくてもLINEします。
そのためどうでもいい内容のやりとりをダラダラ続けることも多いです。

(4)距離感

『お互い必要なときだけやり取りするぐらいの関係が良い』(27歳/IT)

短命カップルは、会えない日に相手が何をしているか気になってしまいます。
「今どこにいるの?」「誰と?」「何時に帰る?」など、しつこく聞いてしまう人もいるので、束縛されているような息苦しさを感じる人もいます。

一方、長続きカップルはお互いに信頼し合っているので、会えない日の行動を干渉し合うことがありません。

お互いの自由を尊重しているので、嫉妬したり誤解したりすることもないでしょう。
居心地がいい関係を築くことができるので、2人の関係は長続きします。


いかがでしたか?
2人の関係を長続きさせたいなら、LINEのやりとりもできるだけ必要なときだけにして、返信もお互いのペースを尊重したいですね。

適度な距離感を保ちながら、上手にコミュニケーションを取るようにしてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)