彼へのLINEが日課になっている人もいるでしょうが、疲れが増すようなメッセージを送ってしまっていませんか?
「こんなLINEもらっても嬉しくないな」と思われるメッセージは避けておきたいですね。
彼がうんざりしてしまうLINE4選をご紹介します。

(1)自分の日常を細かく報告

『一緒にいないときのことまで報告されるとなんか息がつまる』(25歳/輸入)

彼氏なら自分のことは何でも知りたいだろうと思っていませんか?
「ランチは〇〇を食べたよ」「〇〇を買っちゃった」「今〇〇ちゃんと一緒」など、1日に何回も報告されても返事に困ってしまいます。

細かい報告を喜んでくれる男性もいるかもしれませんが、そうでない男性も多いです。
返事を考えるのも面倒に思われてしまいますので、細かく報告するのはやめておきましょう。

(2)返事の催促

『こっちだって都合があるし、自分中心に考えを押し付けないで欲しいよね』(27歳/広告)

仕事中にLINEがきても、すぐには返事ができません。
空き時間に読んで既読をつけてしまっても、返事は後で……と思うこともあるでしょう。

そんな彼に「返事まだ?」「既読スルー?!」と返事の催促をすると、うんざりされます。
電話と違って好きなときに返事できるのがLINEのいいところ。
返事は気長に待つくらいでないと、面倒だと思われてしまいますよ。

(3)「今どこ?何してる?」

『そのうちGPSつけられるんじゃないかってくらい怖いからやめて欲しい』(30歳/歯科医)

平日の夜や休日の昼間、友達と会ったり自由を満喫したりしているところに、彼女から「今どこ?」「何してるの?」「誰と一緒?」というLINE。
彼女のことも大事だけど、友達や趣味なども大切にしたい男性にとって束縛するようなメッセージはうんざりしてしまいます。

頻繁に自分を監視しているようなLINEを送られたら、彼は逃げ出したくなるかも?
自分と一緒にいないとき、何をしているのか不安になるかもしれませんが、疑っているようなLINEはやめておいた方がよいでしょう。

(4)スタンプでの無意味な会話

『スタンプを何個もダダッと送られるのは返事も困るし面倒だな』(29歳/アパレル)

大して用事がなくても、LINEで会話していたいという女性もいますよね。
スタンプだけで、あまり意味のない会話を楽しむ女性もいるでしょう。

しかし、男性にとってはこれが苦痛となることがあります。
LINEは用事があるときに連絡するものと思っている男性には、特に注意が必要です!
意味のない会話は相手を疲れさせてしまい、返事を考えるのも面倒だと思わせてしまいます。


いかがでしたか?
彼といっぱいLINEしたいと思っても、彼にとっては迷惑になることもあるようです。
彼が面倒だと思うようなLINEは避けて、楽しい会話になるように心がけたいですね。

(恋愛jp編集部)