いくら男性にモテても長続きしなくては空しくなってしまいますよね。
恋愛を長続きさせるには、外見の良さよりも内面の温かさや包容力が必要です。
懐の深い女性になるための秘訣を4つご紹介します。

(1)自分と違う人を否定しない

『みんなが自分に従うなんて勘違いも甚だしいよ』(25歳/輸入)

人の言うことやすることに、いちいち否定的なことを言う人は懐が深いとは言えません。
誰もが自分と同じ考えではありません。
懐の深い女性は自分と違う考えの人を否定するのではなく、そういう考えもあるということを認めることができます。

それは決して相手の言いなりになるということではありません。
相手を否定せずに自分の考えを伝えることで、相手に上手に納得させることができます。

(2)相手の良さを認めることができる

『誰かを褒めたりするとすぐ、でもあの人こうゆうとこあるじゃない?って短所を見つけたがる人は器が小さいなって思う』(26歳/営業)

自分に自信がない人は、相手のよいところを見つけて素直に褒めることができません。
懐の深い女性は妬んだりしないので、人の長所をすぐに褒めることができます。

妬んで悪口を言ったり、卑屈になったりする人は器が小さいと思われてしまいます。
人の長所を素直に褒められるようになったら、人間関係もうまくいくようになります。
人間関係が良好になれば、自分も褒められる機会が増え、自分に自信が持てるようになります。

自己肯定感が高くなれば、人のよいところもどんどん認められるようになり、懐の深い女性として認められるようになるでしょう。

(3)いつも冷静で落ち着いている

『会社で周りのミスでも頭ごなしに責めずに対応する子はほんとに大人だなって感じるよね』(30歳/商社)

懐の深い女性は、いつも慌てず冷静で落ち着いています。
誰だってイライラすることがあるでしょうが、懐の深い女性は感情をぶちまけたりしません。
自分でコントロールすることができるので、見苦しい姿を見せることもないでしょう。

怒りを爆発させたりせず、大人の女性らしい振る舞いができる器の大きさがありますので周りの人に信頼されます

(4)困った人を放っておかない

『人助けをしている姿を周りが見ているからこそ、もしその子が困っていたらみんなが助けてくれると思う』(29歳/SE)

困っている人がいたとき、自分の親しい人ならきっと助けてあげますよね。
しかし、困っている人がそれほど親しくない人や、知らない人だったら、面倒なので関わりたくないと思ってしまいませんか?

懐の深い女性は、困っている人を見ると放っておけません。
助けを求められなくても「どうしました?」と声をかける優しさがあります。
自分から進んで人を助けようとするので、周囲の人に信頼されます。


いかがでしたか?
懐の深い女性は包容力があって、とても魅力的ですよね。
男性が手放せなくなるような懐の深い女性を目指してみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)