LINEのトプ画、こだわっていますか?
ついつい適当に決めてしまいがちなトプ画ですが、メッセージを送る度に目に留まるため、意外と男性から注目されています。

男性が思わず「ないわ……」と思ってしまうトプ画にはどんなものがあるでしょうか。

(1)加工した自撮り写真

『加工って自己満なとこあるのにわざわざこんなとこで良く見せようとしなくても』(26歳/事務)

加工アプリで盛った自撮り写真は可愛いらしく、女性らしいトプ画です。
しかし、男性からは「ナルシスト」と思われてしまう可能性大です。
さらに目の大きさや骨格が変わってしまうほど加工された写真は詐欺写真とも呼ばれており「実際に会ってがっかりした」という声もあります。

(2)男性と写っている写真

『いろんな人が見れるとこに男との写真ってことは、彼氏いますアピールでしょ?』(25歳/飲食)

元カレはもちろん、男友達と写っている写真は彼氏がいると誤解されてしまうことがあります。
また、「男友達がたくさんいる女性は遊び好き」と思われる危険性もあります。
もしも付き合ったら飲み会とかで忙しくなるのかな、と男性を不安にさせてしまいます。

一緒に写っている男性が兄弟や親せきであったとしても避けたほうが良いでしょう。
その男性との関係性は見ている人には伝わりませんし、あえて説明するのもわざとらしくなってしまいます。

(3)ブランドロゴ画像

『このブランド=その子、みたいなイメージついちゃうし、それによって何を伝えたいかがわからない』(30歳/広告)

意味が分からない、という声が多かったのがブランド画像です。
「ブランドが好き」というアピールでトプ画に設定しているのでしょうが、ブランドのスタッフや公式アカウントでもないのにブランドをアピールしていることが理解できません。

またアピールしているブランドが高級であればあるほど「付き合ったらプレゼントしてって言われるのかな」と、金銭感覚が合わない女性だと思われてしまいます。

(4)アニメ画像

『社会人になって会社の人とかも見るのにアニメ画像はちょっとおこちゃまかな』(28歳/商社)

今では多くの人に親しまれているアニメ文化ですが一部の人にはまだ抵抗があるのも事実です。

共通の趣味を持つ男性からは引かれることはありませんが、一部の男性からは「子どもっぽい」「オタクはちょっと……」と思われてしまいます。
引かれても気にしない、というほど愛がある作品でもない限りアニメ画像をトプ画にするのは避けましょう。


いかがでしたか。
LINEのトプ画というと好きなものなど自己アピールをしたくなります。

しかし、様々な人の目につく場所なので動物など無難な写真を選ぶことをおすすめします。
女性が思っているよりも男性はトプ画をチェックしているので、イタい画像を使ってしまわない様に気を付けてくださいね。

(恋愛jp編集部)