今回は、男性が思わず別れを考えてしまう彼女から言われたキツイ一言を大公開!
彼の気持ちが離れてしまう言葉は一体どのようなものがあるのか、さっそくみていきましょう。

(1)「元カレとはこんなことなかったのになぁ」

『俺は元カレじゃないんだからあたりまえだろ』(26歳/企画)

ダメだと分かっていても今カレと元カレをついつい比較してしまう……なんて人も多いのではないでしょうか。
現状に不満があればあるほど、昔あった楽しい日々を思い起こしたくなってしまうものです。

しかし、自分と元恋人を比較されて良い気分になる人はまずいません。
そのため、たとえそう思ったとしても本人にそのことを素直に伝えるのはNG。
過去ではなく今に目を向けて、今カレの良いところをしっかりと見出しましょう。

(2)「私の方が稼いでるじゃん」

『だから私が主導権を握るべきだ、とか言いたいのかな』(29歳/飲食)

自分の収入が彼女の収入よりも少ない場合、男性は普段からそのことを気にしています。
そのため、その事実を改めて突き付けられたら、男性のプライドは大きく傷ついてしまいます。

男性は基本的にプライドが高い生き物なので、そのプライドを大きく傷つけてしまう言動はNG。
プライドが引き裂かれて追い詰められると、恋人に対する気持ちが一気に冷めてしまう恐れがあるので注意が必要です。

(3)「言われなくても分かるでしょ?」

『伝え合うことを諦めるんだったら一緒にいる意味ないと思う』(27歳/医師)

言わなくても察してくれない彼にイライラした経験はありますか?
「なんでこんなことも分からないの?」と鈍感な彼に苛立ちを覚える気持ちは分かります。

しかし、「自分で考えれば?」「言われなくても分かるでしょ?」なんて言葉は男性からすると息が詰まるだけです。
長引く喧嘩はお互い気力も体力も消耗してしまうので、あなたが怒っている理由をしっかりと彼に伝えて早期解決を図りましょう。

(4)「小さいなぁ」

『人格否定、彼女にだけはされたくないですね』(30歳/営業)

器の小ささを否定するのは、その人自身を否定することに匹敵します。
そのため、「小さい」なんて大好きな彼女に言われて傷つかない男性はまずいないでしょう。

物の考え方や捉え方は人それぞれ異なります。
彼のキャパシティを分かってあげることも、親密な関係を築き上げる上で非常に重要です。
少しずつ彼を理解していき、2人の仲をより一層深めていきましょう。


なんでも言い合える関係は素晴らしいことです。
しかし、一線を越えてしまうと取り返しがつかなくなる可能性も……
後悔しないためにも言葉は慎重に選んで、別れという危機を回避しましょう。

(恋愛jp編集部)