浮気や中途半端な間柄の男性と体の関係を持つと、自分は本命なのか正直いつも気になりますよね。
どこまで自分に対して本気なのか、完全に遊びなのか、例えH中でも色々なことを考えてしまうでしょう。

そんな時は、相手の男性がH中にすることや言うことに注目してみましょう。
今回は、男性が本命だけにみせるエッチ中の「愛してる」のサインをご紹介します。

(1)目を合わせてくれる

『気持ちのない相手と、H中目なんか合わせられない(笑)』(24歳/営業)

まず、相手の女性が自分にとって本命でない場合、男性は正直都合の良い相手としか見てない場合も。
ひどい場合は、単純な性欲処理の相手としてしか見ていないこともあり得るでしょう。
そんな時は、大事なH中でも目を合わせるようなことも少なくなります

しかしH中こちらを見てくれたり優しく微笑んでくれたりなど、目が合うことが多い時は愛されている証拠
目を合わせるということは、しっかりと一人の女性と向き合って、愛を確かめ合っている証なのです。

(2)優しくキスをしてくれる

『愛してる相手になら、いくらしても足りないくらいでしょ』(26歳/IT)

H中に優しくキスをしてくれるのも、本命として相手を愛している証拠です。
体の関係のみのむなしい間柄だと、カップルなら当たり前のキスすら最中にはないことも多いでしょう。

そういえばH中に優しくキスされたことなんてないかも、と思うなら残念ながらセカンドの可能性大
しかしちゃんと愛のあるキスをたくさんしてくれるのなら、それは本命として見てくれている証です。

(3)名前をたくさん呼んでくれる

『下手したら、セフレの名前間違えちゃうこともある!(笑)』(29歳/不動産)

名前を呼んでくれるかどうかも、H中は密かにチェックしておきたいところでしょう。
本当に好きな人に対しては、愛があふれて無意識のうちに名前を呼んでしまうもの。
たくさん名前を呼んでくれるなら、彼からは本命として見られている可能性は高いです。

ですが名前を呼ばれることに心当たりがないときは要注意。
関係がマンネリしているか、セカンド扱いされているかのどちらかでしょう。

(4)H後にケアがある

『本命だとHした後もずっとくっついていられるかな』(30歳/商社)

H後のケアにも、本命かどうかの違いははっきりと表れるものです。
本命として見ているなら、H後も愛の言葉があったり、キスしてくれたりなどの愛情を見せてくれるはず。

相手の体を労わったりベッドの汚れにも気を配るなどのケアがあるなら、それは相手を本命として愛している証拠。
逆にセカンドのつもりなら「やることやって終わり」感が出ているため、気遣いはほとんどないでしょう。


今回は、男性が本命だけにみせるエッチ中の「愛してる」のサインについてご紹介してきました。
彼にとって私は本命なの……?と感じた時は、以上のような点に注目してみると良いでしょう。
彼の行動から、一番大事にされているかどうかがよく分かるはずです。

(恋愛jp編集部)